CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
シドケとコシアブラ

 昨日は天気も良く、ジムも休み。山菜狩りにはもってこい、GW前にと鍋足山に出かけた。8時過ぎに家を出て9時には登山口駐車場着。軽が1台停まっていた。今年初めての里山登山、40分ほどで礫岩の頂上着。おばさん二人とおじさんが休んでいた。おばさんはシドケ ドッサリの袋を持っていた。閑人もシドケが目的、先を越された。

 見慣れた頂上からの景観を楽しんで、早速沢筋に入る。何時もだったらすぐ採れるシドケがポツポツしかない。別の沢に入るが同じ、ただ丈の短いコシアブラが沢山あってそこそこの収穫。急な沢筋をウロウロしてポツポツのシドケを採ること1時間ほど。手掛かりのない滑りやすい急沢を大汗かいて登山道まで登り返して一安心。おばさん達が先に入った形跡はない、山菜は毎年同じ場所に同じように出るのではない。今年はお休みの年だったようだ。来年はどうなるのだろうか。

 

見慣れた里山の春、新緑はこれから

手前左からコシアブラ、シドケ、ワラビ、上 独活のきんぴら、菜園の若いラッキョウ、ビール・水割り・日本酒何にでも良くあう

 

 

| 旨いもの・旨い酒 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本酒を味わう会

 百年塾のYさんから「日本酒を味わう会」に誘われた。減糖食実施中でもっぱらウィスキー・焼酎・糖質0発泡酒、日本酒も糖質0を飲んでいる身。少し考えたが、まあいいかとOKの返信。

 6時多賀駅近くの居酒屋に集合。ここは昔蕎麦屋で結構通ったお店。昔日の面影少々、お店に入ると囲炉裏状に15人が座れる席が用意されて料理様々が載っていた。常磐線が火災事故とかで集まっていたのは6人、ビールを頂いて遅れた皆さんを待つ。

 送れる3人を除いて試飲会開始、北から九州まで15種がリストアップされている。利き酒師マスターの説明で北海道から開始、手作りお摘みをつつきながら猪口で頂く。15種試飲すると3合強、裏リスト5種で4合強と言われた、要注意。

 参加者は我々グループ6人と県庁グループ 女性2人を含む9人、皆さん気遣い十分の紳士淑女。それに常連さん手品師。和気あいあい手品も楽しく、2時間半ほどでたっぷりの水を飲みながら15品種完。さらに裏メニューの5品種を頂いた。味の違いがこれほどとあるとは、驚き。たっぷり水を飲みながらの試飲、4合強でも翌朝の目覚めは快適だった。

 

右の北海道から東北、関東へ

15種の〆は長崎県の「みずの光彩」

左から裏メニュー5種

| 旨いもの・旨い酒 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハンターマウンティン

 4月6日、スキー師匠を誘ってハンターマウンティンに出かけた。10日前の大雪の日に出かけて気に入って今シーズン、もう一度と思っていた。

 6時半自宅出発、9時15分着。快晴、ゴンドラと一番期待した第5ペアは運休とのことでがっかり。第4ペアが頂上まで行くと分かりこれに乗ってウォール・ストリートを中心に滑った。ここも適度の斜度でなかなか良い、4月なのでさすがに雪は重い。このリフトで右に歩くと10日前に滑ったウェストサイド・ストリートに出る、前回の深雪に比べるとずっと滑りやすい。

緩斜面では重い雪でブレーキがかかる、少しスピードをつければブレーキが緩くなることが分かった。5月の月山で生かせそう。

 

頂上直下、ウォール・ストリート滑りだし 雪は重いが快適に滑れた

 

 昼食をはさんで2時半まで滑って板納。

 師匠とは来シーズン、こことマウントジーンズをセットにして一泊のスキーを計画しましょうということになった。

 

 ここのゲレンデコースはニューヨークのAV、STが命名されている。覚える気もないし覚えにくい、如何なもんだろうか。

| スキー | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
金婚式

 今年の4月29日は閑人夫婦の結婚50年、金婚式。いつの間にか半世紀が経った。月並みな言い方だが、そんな時間が経ったとは思えない。様々なことがあった、娘3人、孫5人に恵まれ、何とか平々凡々の毎日が送れるのは有難い限り。

 次女の発案で3月26日、京都の長女と孫達、三女が春休みでインドから孫達と帰国、次女が孫娘を連れて那須の保養所に早めの金婚式と我々夫婦を招待してくれた。この宿は広い懸け流しの温泉と美味しい食事、部屋やスタッフの気配りも良く、ここ5-6年、年2度程利用させてもらっている。

 26日は長女家族と車で黒磯の「蔵鋤」でラーメン・餃子の昼食、ここのオーナーは長女つれあいの従妹の夫、デザイナーからの転職という。那須と黒磯の2店があり繁盛している。ラーメンも餃子も良い味、28日は全員で再訪問。これまで何回か寄ったが不在だったオーナーとようやく会えて挨拶できた。全員にアイスクリームをサービスしてもらった。

 

 

 3時に宿に入り、ゆったり温泉に浸かって部屋でのんびりしてから夕食。子供を含め10人の大部隊。次女からの情報でスタッフから金婚式お祝いにと発泡酒1本がプレゼントされた、50年の感慨少しで乾杯。次女が持ちこんだワイン、孫たちの寄せ書きを肴に綺麗な盛りつけ料理を楽しんだ。

 

凝った盛りつけの前菜

ミディアムレアの那須牛は良い味だった

 

 翌朝起きてびっくり、外は一面の深い雪景色。この日は京都の孫とハンターマウンテンへスキーに行く予定。日塩道路の状況を聞いてみると除雪中で11時頃までかかりそうとのこと。しばらく宿でウェイティング、小さい孫達は駐車場の雪の中で転げ回って遊んでいた。TVでは近くの那須ファミリースキー場でラッセル訓練の高校生が雪崩に飲まれ8人が犠牲になったようだと報じていた。

 

雪の南ヶ丘牧場、ウサギやヤギと遊び乗馬も楽しんだ

 

 11時宿発、道路はほぼ除雪されていた。日塩道路も問題なくハンターマウンティンに着いた。大雪にも拘らず駐車場は結構な車。

孫は初めてのスキー、用具レンタル・スクール手続きを済ませて1時から2時間のマンツーマンレッスンにお任せした。

 ここは初めて、係員から頂上は雪は深くリスキーとのことでハンタークァッドで何回か、ただ緩斜面が多く物足りない。第5ペアで頂上下のマディソン・アベニューからニュー・マディソンを滑る。非圧雪の深雪は難渋するが上級ランクのこのコースは面白い。ここを主体にスクール終了まで滑った。孫と合流して緩斜面を一緒に滑る。へっぴり腰だが何とか滑れるようになった。来年ウィスラーにと思ったが無理か、面白かったということなのでもう少し待つことにしよう。

 5時半宿着、温泉で汗を流してから夕食。孫・娘達10人でワイワイ、金婚式二日目の晩も良い時間を過ごせた。

 

 

 

| 家族 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モロッコ メモ

1.基本情報

 国家元首:モハメッド6世、以前の日本で昭和天皇・皇后の写真が飾られていたようにあちこちで元首の写真が飾られていた。

 人口:3200万人、国土面積:日本の1.2倍、北は地中海に面しヨーロッパの文化と接していた。

 民族構成:ベルベル人 60%、アラブ人他 40% 宗教:イスラム教(スンニ派)

 通貨:DH(ディルハム)1DH=11円 気温:場所によって大きく異なる、アフリカのイメージほどではない、雨は少ない

2.食事

 ほとんど毎日タジン鍋、肉・魚・野菜様々・卵などの蒸し煮、油を使わないのでヘルシーだが感激するほどではなかった。

他にクスクス、粟粒パスタの煮込み、スープをかけて食べる。これも今一だった。

 様々サラダとデザートは必ず付く、フルーツはバナナ・リンゴ・オレンジがそのまま。

3.アルコール・お茶

 一部の昼でアルコール無しがあったがほとんどのホテル・レストランでビール・ワインが飲める。

 ビールはカサブランカ他地ビールがある、40DH(450円ほど)と結構高い。スーパーでは10DHほど。

 ミントティーが圧倒的に飲まれている、ミントの葉っぱを適当につぶして飲む、香りの少ないティーもある。

 

カサブランカ空港で買ったワイン、ヘビーで深みのある味はなかなか

 

4.ホテル

 ツアー案内には全ホテルシャワーのみとあったがすべてバスタブがあった。

 砂漠エリアでは湯が温く出方が少なかったが特に問題になるほどではなかった。

5.安全情報

 外務省はレベル1;十分注意して下さい でもテロなどを感じるような場所・場面は全くなかったしスリに注意と言われたフナ広場などでもそんな危険は全くなかった。

6.映画ロケ地

 かみさんの姉は昔、映画「カサブランカ」に憧れてモロッコに出かけた。でもこの映画は実際にはオールセット、すべてハリウッドのスタジオで撮影されたということだ。「アラビアのロレンス」は「アイト・ベン・ハドゥ」、砂漠のシーンはヨルダンとか。ここは「ナイルの宝石」、「グラディエーター」にも登場する。ワルザザードにはスタジオが幾つかあるし「アラビアのロレンス」はこの国が欠かせない。

 駆け足ツアーでアイトベン以外はロケ地を体験することはかなわなかった、機会を見て「カサブランカ」「アラビアのロレンス」はもう一度見てみよう。

7.アルガンオイル

 モロッコにのみ生育するアルガンの樹の実から採油された希少オイル。「モロッコの黄金」と呼ばれ美や健康に役立てられており、土産に最適。

 

右;食用 500mlで420DH 結構いいお値段、左;美容用

フナ広場でアルガン屋台が並んでいたが中身はどうなんだろうか

| 海外 | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/302PAGES | >>