CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
晩秋の安達太良山

 11月3日から韓国歴史探訪に出かける予定だったが、機材トラブルでキャンセルになった。ぽっかり空いた3日 快晴の安達太良山に出かけた。

ゴンドラ駅から見たカラマツの紅葉は盛りを過ぎて茶色、薬師岳からの景観も赤黄はなく少し期待した紅葉残りは全くなかった。冠雪した山道は泥んこが多く凍った階段に足を滑らせ脛を打撲した。

 

薬師平から、中央の茶色はカラマツ林、もうこげ茶

 

 少し後ろを歩いていた今年20回目というおじさんと女性二人連れの会話、「この山で今日のような快晴は年間10日ほど、それに冠雪、澄んだ空気。こんな条件で登れるのは余程 日頃のいい心掛け・・・」

 頂上からのパノラマは素晴らしかった。南に和尚山、西に冠雪した船明神山とその先に磐梯山、北には宮城蔵王など。パノラマを楽しんでから馬の背へ、途中で昼食、尾根は風が強く寒い、沼ノ平を覗いてから鉄山まで行く予定を変更。馬の背・峰ノ辻・くろがね小屋から勢至平・奥岳登山口に戻った。

 

頂上から磐梯山方面

頂上から南の和尚山

馬ノ背から沼の平を見下ろす

ナナカマドの実と頂上

勢至平のカラマツ林

 

快晴・冠雪のなか4時間半良い山歩きを楽しめた。

| 山歩き・山野草 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
聖岳

 南アルプス「聖岳」に登ってきた。台風13号の発生で7日の予定を早め8月5日 12時半自宅発 新静岡ICから井川村臨時駐車場6時半着。ビールとワイン持参の摘みで夕食、蚊の羽音に悩まされながら就寝。

6日 6時45発のバスで登山口8時着。

急登とトラバースが続くアプローチは水場もあって癒される、小屋近くの沢で大きな岩魚が悠然と泳いでいた。小屋着3時半。

 小屋は水が豊富、汗を拭き着替えて、外のベンチで前後して登ってきた東京の山岳会4人組と飲みながらしばしワイワイ。

今回は寝袋持参で自炊。夕飯はウィスキーと摘み様々、〆は納豆ラーメンと蟹雑炊。昨日の寝不足もあり7時就寝。

 7日5時起床、良く寝た。蟹・鮭雑炊と納豆・味噌汁の朝食を済ませてガスのなか6時半出発。薊畑を過ぎるとキオン、マルバダケブキとトリカブトの群落が現れた。黄色と青の大コラボ、花はそれほど多くないがポツポツ、タカネヒゴダイは珍しかった。

小聖岳を少し下ると聖岳への登りが始まる。ザラ場の急登1時間半ほどで3013mの頂上。コーヒーをゆっくり飲みながらガスが晴れるのを待ったが期待薄、残念。ライチョウ親子が現れしばし慰めてくれた。登山者は少なく頂上には2人だけ。

 

頂上;3013m ガスでパノラマなし 残念

奥聖方面がわずかに見えたがすぐガスのなか

ライチョウ親子がしばらく遊んでくれた

 

 ゆっくり下山、3パーティとすれ違った。断続的に雨がパラパラ、お花畑を愛でながら山荘分岐まで、雨が本降りになってきた。

1時小屋着、缶ビールで昼食。雨は強く降ったりやんだり、分岐から茶臼方面に少し歩くと ドコモが通じると教えてもらい、メールチェックとかみさんにTEL。一寝入り、連泊の4人組、隣の単独行とワイワイ。5時 夕飯をすまし明日の3時おきに備え早寝した。

 

マルバダケブキとトリカブトの群落

キオンとトリカブト

タカネヒゴダイ

 

 8日は1時前に目が覚めて後はウトウト、4時小屋発 外は真っ暗、ヘッドランプで45分ほど。この朝は快晴、途中 木の間から聖岳の雄大な山容が眺められた。登山口着9時15分、バス発10時にはゆうゆう間に合った。近くの水場で汗を流した。

 

聖岳と奥聖岳

小聖と聖岳 この日登ったら…

 

 駐車場着11時過ぎ、11時半発 新静岡ICまでくねくね道を2時間、途中落下物渋滞、都心の渋滞があったりしたが休憩1回で自宅着6時45分。

 

 これで百名山3千m峰クリアし、91峰になった。残りは魅力を感じない。年も年、これからは近場の好きな山をのんびり歩きたいと思っている。

 

 

 

| 山歩き・山野草 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
乗鞍岳と花々

 笠下山 新穂高温泉から乗鞍高原まで移動、観光センター駐車場は余裕があった。無料の温泉で汗を流し、缶ビール2本とテイクアウトピザ、ワイン・食材で良い気分で3時半のご来光バスまで就寝。3時に起きて列に並んだ、駐車場は満杯。なんと列の20人ほど前で定員オーバー、3連休 6台のバスで十分と思ったのだろうが…、関係者はお詫びひたすら、仕方ない。次の始発6時10分まで一寝入り。

 

朝焼けの乗鞍岳、駐車場から

 

 6時前、早めに並んだ。定刻順次出発、7時過ぎ畳平着。笠ヶ岳のハードワークでくたびれていたので楽な平坦道を肩の小屋まで。歩き出して直ぐ、コマクサやヨツバシオガマがアチコチに。肩の小屋から岩礫の登り、約1時間で頂上の剣ヶ峰3026m。

 

肩の小屋から左の剣ヶ峰を望む

 

頂上から、昨日登った 笠ヶ岳から槍穂、御嶽山、白山など3千mからの雄大なうパノラマを楽しんだ。

頂上から御嶽山

昨日登った笠ヶ岳と槍穂の展望

畳平と鶴ヶ池

コマクサ 蔵王熊野岳に続き今年二度目の出会い

イワツメクサ この花もアチコチに

ヨツバシオガマ 畳平近くにアチコチ多く咲いていた

イワギキョウ

 

下りは3連休と人気の3千m、登り優先で待って下りの連続。畳平着10時40分。11時5分のバスで観光センター駐車場に戻った。無料の男子風呂は誰もいない。汗を流し帰宅の徒に着いた。

| 山歩き・山野草 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
笠新道の花々

 笠新道は花が多かった。標高差約1700mの登りを花々が励ましてくれた。そんな花々。

 

ヒメサユリが見られるとは思わなかった、嬉しい出会い

ハクサンシャクナゲ

ニッコウキスゲも多かった

ゴゼンタチバナ 綺麗に咲いていた


アカモノ あちこちで見られた

 

ベニバナイイゴ

コバイケイソウ、去年までは元気なかったが今年は挽回したようだ

手前ハクサンイチゲ、その先にコイワカガミとチングルマ

ミヤマダイコンソウ

コイワカガミ

 

他にもミヤマキンバイ、キヌガサソウ、ツマトリソウ、ショウジョウバカマも咲き残っていた。たっぷりと花々を楽しんだ二日間だった。

| 山歩き・山野草 | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
念願の笠ヶ岳

 笠ヶ岳は南の白山、黒部五郎から双六の縦走、立山・薬師、後立山などからも存在が目立っていて何時か登りたいと思っていた。

天候を見定め12日発、新穂高温泉の登山者用駐車場で車中泊、13日5時出発 笠新道を登りだす。覚悟はしていたが厳しい急登が続く。

嬉しいのはキスゲやヒメサユリなどが出迎えてくれたこと、高度が増すとミヤマキンバイ、ハクサンイチゲも現れる。花に励まされ11時過ぎに杓子平。ガスで見晴らしはないなか昼食。ここから抜戸岳の分岐までが長い。2時着、ここからは気分の良い尾根歩きだが結構アップダウンがあり、最後のキャンプ場から小屋までの200mはきつかった。

 厳しいルートと覚悟していたのと、花の写真を撮りながらなので10時間と予想したが10時間半で小屋着。長かった。

 

 ビールとウィスキーで新道で前後した神戸のご夫婦などと談笑、夕食の後はガスの切れた槍穂の大景観を満喫、小屋は空いていて4人部屋に2人。ゆったり休めた。

 

日中はガスで眺望は得られなかった、小屋で夕食後ガスが晴れた、槍穂の大展望

槍穂の展望、雲は切れなく大キレットは雲のなか

 

 翌朝4時起床、笠頂上まで、快晴のなか360度の大パノラマを楽しんだ。5時半 朝食。6時15分 小屋発。往路を尾根から分岐、杓子平から急下降。花を楽しみながら下り、笠新道登山口手前でラーメンの昼食。駐車場3時着。この日も9時間強 二日間良く歩いた。

 

翌朝小屋からご来光、この後山頂まで登った

笠頂上から、明日登る乗鞍、その先に御嶽山を望む

頂上から眺める白山、笠の影が左に

笠から少し下って振り返る、雪渓の上の肩に小屋が見える

見事な槍穂手前は雪渓

左が抜戸岳、みぎは秩父岩、杓子平手前から

左が笠ヶ岳、肩に小屋がちらっと、右は抜戸岳 この登りもきつかった

 

 念願の笠ヶ岳は予想以上に大きな山だった。これまでの長丁場はトムラウシの11時間、ここはピストン。片道10時間半は初めて。幸い体調に異常はなく、翌日もほぼ快調に歩けたのは幸いだった。聖岳への自信も出来たが油断は禁物。

 

花の写真は次。

| 山歩き・山野草 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
霧降高原のキスゲ

 8日の日曜日、三女孫達と霧降高原に出かけた。今年は2週間ほど早く咲き始め、ピークは過ぎたということだったがまだ十分に咲き残っており、赤紫のシモツケ、白い穂のトリアシショウマ、ハナショウブ、クルマユリ、ヨツバヒヨドリ、オオバギボシ、クガイソウなどなど楽しめた。

 

まだまだ十分咲き残っていた

クルマユリとシモツケ

クガイソウ

トリアシショウマ 沢山あった

シュロソウ 孫が見つけた

ハナショウブ

 

1445段の階段では小3と幼稚園の孫が駆け登り、駆け下りするエネルギーには圧倒された。

 

霧降の滝にも立ち寄った。一見の価値あり。

 

 ニッコウキスゲは最盛期の尾瀬大江湿原、雄国沼に何回か出かけた何れも素晴らしかったが、より手軽にアクセスできるこの地もなかなか素晴らしい。最盛期に再訪したい。

 

 

| 山歩き・山野草 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
蔵王 熊野岳とサクランボ狩り

 7月4、5日 市民カレッジの山仲間と一緒に蔵王ハイクとサクランボ狩りに出かけた。

十王駅を6時40分発、バスで一路蔵王エコーラインに向け走る。エコーラインは濃霧でハイキングはあきらめかと思ったが駐車場に着いたらガスが切れてきた、雲の上に出たということ。

 雲海の上には飯豊連峰、朝日連峰が遠望された。お釜は綺麗に見下ろせ、熊野岳までの散策路には思いがけずコマクサが沢山、ハクサンチドリやトリアシショウマなどの花々が迎えてくれた。熊野岳までは軽い登りのハイキング。頂上には茂吉の歌碑がある、読めない。レストハウスのボランティアに説明してもらった。「陸奥(みちのく)を ふたわけざまに聳えたまふ 蔵王の山の雲の中にたつ」。

 

コマクサが予想以上に沢山咲いていた

お釜の振動はどうなのか、右の雪代はハート形

茂吉の歌碑

 

 宿は蔵王温泉のスキー定宿 堀久から奥に入り、上の台が見渡せる場所。飲んで食べて歌う一晩。

 

 翌日は観光農園でサクランボ狩り、今年は連縁より早く盛は過ぎたということだ。佐藤錦、紅秀峰など食べ放題と手打ち蕎麦。そばが気になった、10割の太い田舎蕎麦。茹で時間が約5分はびっくり、極微粉の蕎麦粉なので打ちやすく茹で時間は長くなるということ。硬めの蕎麦は板蕎麦に近い。自前の二ハが上。この後、仲間Yさんのさくらんぼ農家の実家で採り放題のサプライズ。ひたすら採った・採った。サクランボ漬けの一日だった。

 

| 山歩き・山野草 | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鳳凰三山を歩く

 鳳凰三山は去年行こうと思っていたが天候が思うようにいかず、今年になった。6月1、2日快晴予報。1日 5時10分自宅発、中央高速を須玉まで走り登山口の青木鉱泉着9時10分。ドンドコ沢に入る。しばらく沢沿いに登ってから急登になる、急斜面のジグザク道はバランス感覚が衰えた身には慎重が肝要。

沢でコースを外れ30分ほどウロウロ、根っこにつまずき思い切り転んだ。…後で思った、打ちどころが悪く歩けなくなったら、高齢者の遭難と非難の対象になったかもしれない、良かった。

 雄大な南精進の滝、まだかと思うほど歩いて白糸の滝、五色の滝を過ぎて源流部の河原に出てシンボルのオベリスクも現れ感激、4時20分 やっと鳳凰小屋に着いた。昼食とロストウェイがあったが高度差1300mで7時間は予想以上の長丁場だった。

 

南精進の滝、水量が多い

長い急登の後やっとオベリスクが現れた

ドンドコ沢源流部、小屋も近い

 

 宿泊者は少ない、寝床のスペースは広い。外のベンチでウィスキーと摘まみで夕食まで疲れを癒した。夕食はお代わりフリーのカレー。ワインを飲みながら愛知の若者3人とわワイワイ。良い気分で床に就いた。

 2日、4時半起床。前夜作ってもらった弁当をお茶で流し込み、5時20分 出発。グズグズの蟻地獄を苦労して地蔵ヶ岳に。目の前にオベリスク。地蔵が点在する賽の河原の先には去年登った甲斐駒が聳える。

 

グズグズのざれ場を苦労して登る、右にオベリスク

地蔵ヶ岳の賽の河原、地蔵仏がずらり

 

アカヌケ沢の頭から観音ヶ岳に向かう。雄大な白峰三山を右手に見ながらの尾根歩きは気分良い。観音ヶ岳の登りはきつい、最高峰は2840m。三山目の薬師ヶ岳の先に富士山が雲の上。薬師ヶ岳までは爽快な歩き。

 

白峰三山、日本第二高峰の北岳には学生時代春と5年前には三山を歩いた

オベリスク この岩塊が鳳凰のくちばしに見立てて名付けられたという

観音ヶ岳から薬師ヶ岳の先と富士山を望む

観音から薬師までは白峰三山を右手に見ながらの尾根歩き

2840mの観音ヶ岳を薬師方面から見る、大きな山だった

 

山頂経由下山道 中道の標識に沿って左に入る。この下りが長かった。途中の御座石の標識時間はおかしい、青木鉱泉までではなく中道登山口ではないか。やっと下り終わったら鉱泉ではなく登山口、鉱泉までは林道をさらに40分とある。

 

中道の下りは長かった、シャクナゲが多い、カラマツ林の紅葉は綺麗だろう

 

林道をひたすら下り鉱泉着2時40分。1500円の駐車料金を払って着替えて3時出発。中央・八王子から圏央道・常磐道を4時間休みなく走り7時帰宅した。

 

 この時期花は少なかった、咲き残りのミツバツツジ、早咲きのシャクナゲわずか、他に小さな花が少々だった。
二日目は9時間半のアルバイト、最近では久し振りの長丁場だった。このコースは南アルプス入門、中級コースと紹介されているが標高差・登山道の整備が十分とはいえず結構厳しい。後期高齢の身には予想以上にタフな山行だった。

| 山歩き・山野草 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
紅葉の一切経山

 11日、百年塾 山の会 の仲間とバスで一切経山・鎌沼の紅葉ハイクに出かけた。参加15人、6時40分 十王駅を出発。猪苗代ICからガスのなか紅葉ほぼ真っ盛りの磐梯吾妻スカイラインを走って浄土平 9時45分着。吾妻小富士や周辺の赤・黄・緑のグラデーションが見事。ただ、一切経はガスが濃い。

 

 

全員で酸ガ平を目指して歩き出す、シラタマノキやヤマハハコがあちこちで迎えてくれた。

 

 

酸ガ平小屋手前で鎌沼チーム6人と別れ一切経へ向かう。小屋から少し下りやや急登しばし、ザラ場を歩くと1時間ほどで頂上。ガスは晴れず、風も強い。五色沼もガスのなか。早々に小屋まで下り、昼食。バーナーで煮出しコーヒー9人分を2回に分けて入れる。バーボンを注いで冷えた体を温めた。

ガスの鎌沼は幻想的、ここは4-5回目だがこんな景観はなかなか魅力的。下山時の紅葉も見応えあった。

 

幻想的な鎌沼 鴨が数匹遊んでいた

吾妻小富士方面、色が悪い

一切経はず~っとガスのなか

 

 帰りのバスは酒盛り、S女史とバカを言い合ってたっぷり笑って良い時間を過ごした。

 

| 山歩き・山野草 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
瑞牆山

 晴れが続く予報で連休の8、9日に瑞牆山に出かけた。ついでに鳳凰山にも登ろうと思ったが、小屋が満杯で諦めた。

8日は2時に家を出て6時過ぎみずがき山自然公園の駐車場着。広い駐車場は半分ほど、特異な岩稜の瑞牆山が素晴らしい。

持参した食材とビール・ウィスキー・ワインでゆったり食べ飲んで8時前にはハッチバックの寝床でおやすみ。

 5時起床、まだ暗い。湯を沸かし、納豆汁・お握り・ハムとレタス・ゆで卵・漬物で朝食。

6時15分出発、芝生広場から登山道を探しウロウロ、分からず林道を歩いて終点まで約30分。山道に入って間もなく後ろにどう見てもゴジラ岩?が見えた。沢沿いに良く整備された山道を1時間ほどで不動滝、期待したほどではない滑滝。

 

 

不動滝

 

一休みしたら富士見平分岐までの急登で少々歳を感じた。分岐から岩のロープや梯子を登って頂上、9時40分。頂上の南側は絶壁だが広い巨岩は素晴らしい景観、西の八ヶ岳、南に去年登った甲斐駒・仙丈、北岳も顔を見せている、その左に富士山。東には金峰山と五丈岩が懐かしい。数人の小学生がハラハラするような岩上ではしゃいでいる、親の心配何するものぞ。

 

南に甲斐駒・仙丈、北岳

西は八ヶ岳連峰

 

 分岐のすぐ下で軽くお握り他で大休憩。急勾配の下りから天鳥川を渡り少し登って見覚えのある 富士見平小屋着12時。鹿肉ホットドック千円は気になったが、気持ちのいいベンチでワイン・チーズ、お握り・インスタントワンタンなどでゆったり昼食。

 

富士見平に下山途中から 富士山

下山途中 紅葉の先に去年登った金峰山、五丈岩が尖がって見える

 

 瑞牆小屋へ少し下って自然公園標識で右に入り木立越しに岩の殿堂を楽しみながらひたすら下る、ほぼ下り終わったところでややこしくなった。あれこれ道がありどれを選べば良いのかわからない。

 

 

林道近くの山道をアチコチ歩いてこの辺でどうだとえいやッと出たら駐車場の上に出た。人気の百名山、入口・出口が何とも分かり難いのは如何なものか。

 

下山して駐車場から、見事な岩コブ

 

 難しい山名、瑞牆。ネットで調べたら 瑞は「めでたいこと、しるし。瑞兆」。牆は「土や石で作った垣根」。

深田久弥は、「三っの山稜が集まる所を三繋ぎと呼ぶ、瑞牆山は、金峰山から小川山に至る山稜の途中から西に派出した尾根上の突起である。山稜が三っに分かれるところが、三繋ぎと呼ばれ、そのミツナギが聞き誤れ、ミズガキという風流な名前になって今の峰に冠せられたのではなかろうかと、勝手な推論」と書いている。

| 山歩き・山野草 | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/28PAGES | >>