CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
カニ料理 「赤津」

 4日は一回り若い開発時代の仲間3人と年数回のゴルフ。何時ものロイヤルが学生貸し切りの競技会ということで、近くの「スパ&ゴルフリゾート久慈」でプレイ、名プレーヤーO君は前半39と見せてくれた。飛ばし屋K君は220~240Yと飛ばない閑人の4~50Y先まで飛ばすがスコアは今一。

楽しくプレイを終えた後、懇親会。お店は6月に別の仲間と行って超ボリュームの蟹尽くしに驚いた「赤津」。

 座卓には大盛りのズワイガニが銘々に、ビールでスタート、また大盛りの鮪刺、カレイの空揚、ソフトシェルクラブと続く。蟹とお刺身数切れでほぼ満腹状態。この間、富久心・八海山・〆張鶴 と冷酒がすすんだ。料理の〆はびっくり、伊勢海老お造り。2週間前の伊勢海老よりやや小さいがミニジャンボ、たっぷりの刺身を楽しんだあとは殻焼きにしてもらった。

 地元育ちで釣り好きのK君は伊勢海老を良く釣ったという、天然なので漁師からのクレームは無かったそうだ。日立の磯で伊勢海老を釣ったという話しは初めて聞いた。漁師はどんな捕獲法なのか、サイヅを揃えて10数匹確保するのは大変だと聞いた。

 先日、南ドライブインの魚屋で水槽にいた伊勢海老はもう少し小振りだったが9千円とあった。

最後の中トロ握り3貫は1貫食べるのががやっと。このお店で完食は無理、残った料理はパックにしてお持ち帰り。

今回はお酒もたっぷり、びっくりの伊勢海老付きで少し予算オーバーだったが皆さん大満足だった。

 

 

 

 

| 旨いもの・旨い酒 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久慈浜の伊勢海老

 「常陸風土記を読む会」の世話人Nさんはヨットマン。久慈浜港にヨットを繋留している。浜の漁師とはじっこんで伊勢海老やら鮑、ヒラメなどを特別に分けてもらえる仲。去年のクルージングには参加できず残念だったが、今年はヨットに乗らず、伊勢海老を食べる会になった。ただこの日は団地のバス研修で福祉委員の立場から参加がMUSTだった。食べる会は13時からスタート、バス研修は4時半帰着の予定だったが、1時間早く帰れて、研修先で買った梨を差し入れに4時、会のS宅に駆けつけた。まだ11人全員ワイワイ。

 伊勢海老の殻がどっさり、閑人分は持ち帰ってと言われた。残りものを摘みに酒とビールを頂きながら、Nさん、先生たちと談笑しばし。

6時過ぎて三々五々散会、あら汁とたっぷりビールを頂いて8時過ぎまで。

 

 翌日の晩は、30儖幣紊△覦棒海老がメイン。ネットで捌き方を確認、刺身と焼き、頭は二つ割であら汁。贅沢な晩餐だった。

 

久慈浜でこんな伊勢海老が獲れるとは驚き、メジャーは30

刺身たっぷり、半分は殻焼きにしていただいた

ミソもたっぷり、コクのあるアラ汁だった

| 旨いもの・旨い酒 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
チーズ&ワイン頒布会

 8月から月一度 チーズとワイン2本が送られてくるプチ贅沢な頒布会に入った。最高級とうたわれているのは如何なものかと思うが、8月末に届いたチーズは「ブリー・ド・モーAOC白カビタイプ」180g、ワインは赤が「シャトー・トゥール・ド・グーパン」、白「ドメーヌ・フィリップ・シャルモンマコン・ヴェルジッソン」、他にスペイン産「デュロック豚・生ハム」100g。

 チーズはカマンベールと同じ、大きさが巨大。説明文は大袈裟、「チーズの王様」「美食家ルイ16世が好んだ」などなど。

味はカマンベールとほぼ同じ、後味が独特の癖を感じる、好みが分かれそう。頒布会資料には希望小売価格2900円とある、ネットで見たら1720円で買える。6掛けは如何と思う。赤白それぞれ6400円と6900円、0.6掛けるとほぼ頒布価格になる、パンフレットの48%オフは?? でもまあ納得。

 

 味はまあそれなりに旨い。千円以下のイエローテールやアルパカと比べて値段の差はかんじられない…は かみさんの弁。

気楽に1年間プチ贅沢を楽しんでみよう。

| 旨いもの・旨い酒 | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本酒とジン

 7月から唐松・五龍登山を予定している。毎日山の天気予報をチェックしているが三日続けて晴れがない。台風やら雨続きで今に至っている。今年の7、8月は異常、明日雨なら8月が20日連続になる、地球温暖化と関係しているのだろうか。

北アの天候待ちの間、草津白根のコマクサを観ようと予報で良さそうな10日に出かけたが朝から雨、途中のSAで天候チェックしたら絶望的でそこから引き返した。出かけるのはもう少し先になりそう。

 天候不順とは関係ないがお酒の話題。閑人の酒肴を知ってか、かみさんの友達から地酒2本を頂いた。山形の地酒で「惣邑」と「磐城壽」、いずれもサラッとしながらコクもあって旨い。3ヵ月前から減糖食を始めて、アルコールはウィスキーと焼酎、糖質ゼロの発泡酒とワインがメイン、たまに飲む旨い日本酒は嬉しい。

 

壽は生酒、写真は惣邑ではなく栃木の惣誉 これもいけた

 

ここのところジンにもお世話になっている。レモンを絞ってソーダで割ったジンは涼やかな味で夏向き。以前はトニックを使ったがこれは糖分が多く減糖には向かない。

 

最近飲んだジン、お値段も手ごろでなかなかうまい

 

ジムで汗を流した後の夕方、早めにそんなお酒をたしなんでいてかみさんから少々迷惑がられている。

| 旨いもの・旨い酒 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クチーナ ノルド

 今年5月洒落たイタリアンが末広町にオープンしたとかみさんが友人の情報を話していた。ネットで見てみた、なるほど人口減の当地で珍しい洒落たイタリアン。早速、予約して昨晩出かけてみた。

 

洒落た外観とエントランス

 

 土曜日なのか、入口には予約のみとあった。40席ほどの店内はほぼ満席、窓際4人分の席に案内された。予約したシェフお勧めの内容を説明してもらった。先ず生ビール 小振りのグラス、飲みながらワインリストを眺める。ピノグリージョが目についた、シャモニーの星付きレストランで飲んだピノグリは感動の味だった。その後何回か飲む機会があったがシャモニーには及ばない。イタリアのピノグリは初めて、蒸し暑い今は爽やかな白が良さそう、ということでボトルをお願いした。爽やかさは○だが味は今一。

 

イタリアのピノグリ アルザスとは少々違う味

 

 客が多いためだろう、料理のサーブはゆったり。パンとオリーブオイルを摘みにビールとボトルが三分の二ほどになったところで最初のカクテルグラスに地産野菜の泡(エスプーマ)、8種アンティパスタミスト、パスタと出てきた。メインは茨城牛と野菜、デザート。〆はエスプレッソダブルをお願いした。約2時間ゆったり良い時間を過ごさせてもらった。

 

8種アンティパスタミスト

メインの肉料理 地場の野菜と

 

料理は丁寧に盛られて味もまあまあ、インパクトを期待したが少々残念。次はアラカルトをトライしてみようと思う。

人口減の当地に地場の魚・野菜・肉をベースにする本格的なレストランがオープンしたのは素晴らしいこと、当地以外からの客が食べにくるようなお店になってほしい。

 

 

| 旨いもの・旨い酒 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
らっきょう

 菜園のらっきょうが元気、去年植えた粒がみんな大きく育っている。

 

 

5月から一株抜いてはつやつやした小振りのらっきょうに味噌をつけて酒の摘みにしている。店で売っているエシャロットより小さいが、味はしっかり。らっきょう漬けには大ぶりを店で買ってきて2圓鮖店んだ。らっきょうの効用は様々あるようだ。一日5個食べれば十分という。酒と好きならっきょう、少々食べ過ぎに注意!! 効用をネットで見てみた。

 

 らっきょうには「フルクタン」という栄養素があり、脂肪が体内に吸収されるのを防ぎ太るのを予防する働きがある。他にも整腸作用や、血糖値の急上昇を抑える効果もあり肥満を予防し、ダイエットに役立ってくれる。

またらっきょうの食物繊維は水溶性で腸内環境を整える効果が期待できる。フルクタンの整腸作用と相乗効果を発揮してお腹の中をキレイにし、痩せやすい身体を作る事もできる。

「ジアリルスルフィド」という栄養素はがん発症を抑える酵素の働きを助け、殺菌作用が強く胃がんの原因になるピロリ菌を死滅させて発症を予防する効果も期待できる。さらに抗酸化作用が強い「サポニン」という栄養素は肺がんや胃がんの発症を防ぐ。

糖尿病の原因のひとつは「血糖値が急に上昇する事が頻発する」がある。「フルクタン」は血糖値の急上昇を抑え、緩やかにする効果があり、糖尿病の予防になるし肥満を抑える効果も期待できる。

らっきょうに含まれる栄養には生活習慣病を予防する効果があるものがいくつも存在する。例えば「硫化アリル」という栄養素は血液の凝固を抑制する効果があり、ドロドロの血液をキレイにし動脈硬化を防ぐ働きをしてくれます。

また、フルクタンにはコレステロール値の上昇を抑える効果も期待でき、コレステロールが原因になる肥満や生活習慣病を予防できる。

| 旨いもの・旨い酒 | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タケノコ

 タケノコは大好物、今年は孟宗筍が不作で食べる機会がなかった。6月に入ると真竹、淡竹、布袋竹などが旬になる。この時期、近場の竹やぶの柵の外にタケノコがニョキニョキ、何人かが採っているがまだまだ十分残っている。適当な大きさの筍を十数本、煮付け、味噌汁で味わった。ネットでタケノコの種類を調べてみた、淡竹のようだ。

 

 

 ミニ菜園の脇にも竹藪があり我が菜園にもタケノコが出てくる、小さめなので味噌を乗せて焼いた、良い摘みになった。

当地は放射能汚染のイメージがあって、山菜やタケノコはまだ敬遠されているように思う。これもネットで調べてみたが、当地の情報はなく、近くの東海は制約解除。後期高齢を迎える我々は気にすることはなさそうだ。

 話しは植物から動物へ、猪が増え放題で被害が多いということを良く聞く。メンバーコースのゴルフ場も去年はコースが荒らされ、ひどい状態だった。捕獲しても肉は販売できない。蕎麦の会のO会長は猟師とお友達で、猪肉がドッサリ届く、裾分けが我が家にも。我ら年寄り夫婦は牡丹鍋で美味しくいただく。

当地の山菜や猪肉が孫達に安心して食べさせられるのは何時になるのだろうか。

| 旨いもの・旨い酒 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カニ料理 赤津ほか

 5月末から事業部OB会(御徒町)、事業所同期会(筑西市)、開発OBゴルフ、スキー仲間とのゴルフ、何れもアフター5で懇親飲み会。

 

参加者7人、体調不調など欠席4人、物故者3人

 

スキー仲間と行った、大甕の「赤津」は初めてだったが驚いた。蟹だけで満腹、中央にたっぷりのズワイ盛り、銘々に大ぶりのタラバ、ソフトシェルのフライ、他に刺身、蒸鮑、ヒラメの煮付け、〆は握り4貫。この日は30周年記念日ということで「赤津」ラベルの富久心一本サービス、旨い日本酒が多い、2合の冷酒3人で3本、生ビールを含め良く飲んだ。鮑、ヒラメ、ソフトシェルフライはテイクアウトさせてもらった。写真を撮るのを忘れたのは迂闊。近いうちもう一度出かけたいお店。

開発OBお二人とは久し振りに「Α廚暴个けた。おかみもマスターも料理も変わらず旨く、お元気、この晩もビール、紹興酒、焼酎各一本と良く飲んだ。

| 旨いもの・旨い酒 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シドケとコシアブラ

 昨日は天気も良く、ジムも休み。山菜狩りにはもってこい、GW前にと鍋足山に出かけた。8時過ぎに家を出て9時には登山口駐車場着。軽が1台停まっていた。今年初めての里山登山、40分ほどで礫岩の頂上着。おばさん二人とおじさんが休んでいた。おばさんはシドケ ドッサリの袋を持っていた。閑人もシドケが目的、先を越された。

 見慣れた頂上からの景観を楽しんで、早速沢筋に入る。何時もだったらすぐ採れるシドケがポツポツしかない。別の沢に入るが同じ、ただ丈の短いコシアブラが沢山あってそこそこの収穫。急な沢筋をウロウロしてポツポツのシドケを採ること1時間ほど。手掛かりのない滑りやすい急沢を大汗かいて登山道まで登り返して一安心。おばさん達が先に入った形跡はない、山菜は毎年同じ場所に同じように出るのではない。今年はお休みの年だったようだ。来年はどうなるのだろうか。

 

見慣れた里山の春、新緑はこれから

手前左からコシアブラ、シドケ、ワラビ、上 独活のきんぴら、菜園の若いラッキョウ、ビール・水割り・日本酒何にでも良くあう

 

 

| 旨いもの・旨い酒 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本酒を味わう会

 百年塾のYさんから「日本酒を味わう会」に誘われた。減糖食実施中でもっぱらウィスキー・焼酎・糖質0発泡酒、日本酒も糖質0を飲んでいる身。少し考えたが、まあいいかとOKの返信。

 6時多賀駅近くの居酒屋に集合。ここは昔蕎麦屋で結構通ったお店。昔日の面影少々、お店に入ると囲炉裏状に15人が座れる席が用意されて料理様々が載っていた。常磐線が火災事故とかで集まっていたのは6人、ビールを頂いて遅れた皆さんを待つ。

 送れる3人を除いて試飲会開始、北から九州まで15種がリストアップされている。利き酒師マスターの説明で北海道から開始、手作りお摘みをつつきながら猪口で頂く。15種試飲すると3合強、裏リスト5種で4合強と言われた、要注意。

 参加者は我々グループ6人と県庁グループ 女性2人を含む9人、皆さん気遣い十分の紳士淑女。それに常連さん手品師。和気あいあい手品も楽しく、2時間半ほどでたっぷりの水を飲みながら15品種完。さらに裏メニューの5品種を頂いた。味の違いがこれほどとあるとは、驚き。たっぷり水を飲みながらの試飲、4合強でも翌朝の目覚めは快適だった。

 

右の北海道から東北、関東へ

15種の〆は長崎県の「みずの光彩」

左から裏メニュー5種

| 旨いもの・旨い酒 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/28PAGES | >>