CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
高校ミニ懇親会と次女写真展

 12日は8ヵ月ぶりに高校仲間7人が5時20分、何時もの八重洲・グリルシャトーに集まった。前回は浜松のT君が集中治療室に緊急入院で欠席。その後ST君が胃癌全摘、SS君も歩行困難など、年相応加齢疾患ということなのか。幸いなことに3人とも完治したということで快気祝いを兼ねた懇親会となった。4-5年前から年数回この店の常連になった、駅から近く 料理もワインもリーズナブル。昔の会社仲間やかみさんとも出かけてお世話になっている。

 タンソティ、カツレツ、鮭ムニエル、アサリワイン蒸し、ソーセージ、チーズなどでビールはピッチャーでお代わり数杯、ワインたっぷりで快気祝いと久し振りの会話を楽しんだ。会話の内容は病気と健康が話題の中心になるのは仕方ないか。情報通のST君からトランプの命運、三次元CAD、カーボンナノファイバー、METの話題も提供されてたが少し盛り上がりに欠けた。8時再開を期して散会した。

 

 次女の写真が銀座7丁目のニコンサロンに展示されているということでこの日は12時40分の高速バスで出かけた。東京駅3時半と早めに着いた。懇親会までは時間がある、暑いが日影を歩けば何とかなると銀座通りを歩きだす。30分ほど歩いて7丁目、ニコンサロンは一本東にあった。1階のフォトプロムナードに作者紹介と7点の写真が展示されていた。自由な題材をニコンのカメラで撮影するというのが条件と聞いた。家族がテーマなのか、孫娘の写真が多い。小振りだが綺麗に額装された写真、一ヵ月の展示に耐えられるのか少々心配になる。この間、年配の女性数人が展示写真を観てくれていた。

 

銀座ニコンサロン HPより

銀座フォト・プロムナード

写真展示スペース「銀座フォト・プロムナード」では、プロの写真家がニコン製品で撮り下ろした作品を定期的に展示しています。ぜひ、お立ち寄りください。

 

 

 

 

| 恩師・友人・仲間 | 18:22 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
蕎麦の会;2席

 17日、「常陸風土記を読む会」M講師と有志12人が集合、S氏宅で「蕎麦の会」。

級長役Nさんから彼が収穫した蕎麦粉で名人が打った蕎麦を食べる会に参加しませんかとお誘いのメールがありどんな名人の蕎麦が食べられるかと楽しみに参加の返信をした。

 参加者の案内がきて名人の名前がNさん、あまりない名字、8日の「さらしな会」でNさんに聞いたら彼のこと。どうやら行き違いがあって読む会の義兄Sさんに頼まれて5-6人での蕎麦会ということでOKした、その後10数人ということで事情が違う、小生が参加するなら手伝ってと頼まれた。Nさんには手伝うことがあれば如何様にもと返信していたので即OK 。

 10日事前打ち合わせ、2圓龍焦を4バッチ、1バッチは柚子切。SKさんのケンチン汁は九州黒豚と、閑人の烏骨鶏スープ。

 

 17日10時集合、まあまあの出来で打ちあがる。ケンチンも順調。講師持参の蕎麦前もたっぷり、刺身など摘み様々。茹でたての蕎麦は好評、Sさん渾身のケンチンは烏骨鶏に軍配が上がった、良かった!!。級長Nさんから来年も是非との提案。

 

 昨年末、百年塾パソコン同好会で蕎麦の会、ビスターリに12人集合。Oさんと閑人が講師、先ず閑人が柚子切をデモ。この後参加者全員で二ハを打った。太さ様々だがまあまあの出来上がり。摘みは閑人の蓮根餅と女性連の天麩羅などで蕎麦前少々。Mさんがビディオ撮影、百年塾新年会で披露予定。この会も好評、来年もまたということになった。

 

| 恩師・友人・仲間 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
樽酒で集合

 年末、山文の女将から新年の樽酒鏡開きに如何とお誘いがあった。元同僚でゴルフ仲間のF、K両君に声をかけ11日に決めた。かみさん同士は合唱仲間、良い機会、同伴でどうかと提案、同意を得て3組夫婦で出かけた。

 6時全員集合、先ず樽の升酒を全員に。かみさん達と一緒に乾杯、全員うまい‼!、おかみの説明では持ち込み前日に仕込むのが旨い樽酒の条件とのこと、毎年新年の鏡開きを飲ませてもらっているが今年は旨さひとしおだった。説明を聞いて納得。あっという間に2杯とかみさん達分、その後片口でお代わり2杯、キープした焼酎数杯。

 この晩の料理は付け出しが定番の煮付けに珍しい鯨の刺身、ホヤは一個だけを男達でシェア、蟹、刺身、焼き蛤、柴海老のフライと山菜、刺身の駄目なかみさんへと帆立サラダ、お好み焼きは奥さん達でシェア、肝煮とアラ汁、若手はお握りで〆。

 6時から9時過ぎまでの長丁場で我々が最後、お店には少々迷惑だったかもしれないが良い時間を過ごさせて頂いた。奥さん方は来年もまたということのようだ。こんな場もたまには良い。山文に感謝。

 

 

 

| 恩師・友人・仲間 | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
忘年会3席

 11月30日は日光湯元「おおるり山荘」で百年塾山クラブの忘年会、翌日は高校仲間、12日は山岳部OB会総会と忘年会と続いた。

30日は2時山荘着、湯ノ湖から湯滝、戦場ヶ原を赤沼まで歩いた。まだ雪は殆どなく快晴のなか気分良いハイキング、男体山・大真名子・小真名子・太郎山、女峰山も姿を見せてくれた。夕食の後はカラオケ、気の置けない仲間との良い忘年会だった。

 

戦場ヶ原

 

 翌日は東武日光から北千住乗り換えで上野、末広亭で落語を楽しんでから八重洲の「グリルシャトー」で高校仲間5人とワイワイ。この仲間とは年数回ここでワイワイが定例、しかし幹事役のS君が体調不調で欠、出席予定の現役経営者T君が遅い、連絡したら緊急入院したとのことでびっくり。全員今年は後期高齢者、健康面ではいろいろあるということか。両君ともに早い復帰を願うばかり。

 12日は後楽園涵徳亭。山岳部OB会の総会を兼ねた忘年会。常連だった93歳Mさんが欠、85歳お二人がお元気で参加、一人を除いて70歳以上、平均年齢は繰り上げ80歳。原田病という難病と戦っているKさんが参加してくれた、良かった。彼とはここ10年来、国内外一緒の山行が多かった。来年は一緒に行けることを願っている。

| 恩師・友人・仲間 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
半世紀ぶりのクラス会
 閑人として、結構頑張った50年振りの大学クラス会が無事終わった。
閑人は当地支部の支部長を仰せつかっている、事務局から理事・支部長あてクラス同期O君のお孫さん(4歳)が拘束型心筋症という難病で心臓移植しかない、と募金協力の連絡があった。O君とは研究室は違ったが40数名の同じ科。クラスで連絡を受けたのはどうやら閑人だけ、義を見てせざるは勇無きなり、少し大げさだが何か動かなければと事務局から名簿を取り寄せ、「Kちゃんを救う会」のHPをメールとコピーして逝去した8名を除き健在同期34名に発信した。
 メール不達や住所不明で戻った手紙に対し、連絡のとれた皆さんからの情報で34名全員の連絡先を整備することができた、この間1っか月ほどか。募金には皆さんに協力いただき、O君から感謝のメールがあった。

 折角、連絡先が整備されたのだからと、Y、I両君に共同幹事をお願いして半世紀ぶりのクラス会をやろうということにした。メールと往復葉書で参加を募った。期限を過ぎてしばらく、一人を除き33人から返信があった。参加は10人、直前に高齢の父親が入院して急遽欠席の連絡が入り最終9名。15〜20名と予想したがやや少ない同期会となった。古希を3、4年過ぎた不参加の皆さんのコメントは様々だが家庭・健康上の理由が多い。
 当日は早めに出て卒業後もずっとお世話になった恩師と奥様のお墓に花を添えた。11時半受付、半分以上が半世紀ぶり、何とか面影を見出し握手、円卓の会場は花が飾られ良い雰囲気。12時、閑人から経緯とKちゃんが米国病院にデポジットを納め両親と出発できた、参加できないO君からお礼のメッセージを紹介し、物故された4人の恩師、8人の仲間に黙祷。
元大学教授でまだ半現役、中国から駆け付けたK君の発声で乾杯。しばし懇談のあと各自の近況報告、旧交を暖める場に9名は幸いしたか。用意した校歌のコピーは無用になった、予定時間のあとはロビーで各自しばらく歓談。なかなか良い同期会だった。次の幹事も決めた、半世紀の2回目もありそうで何より。
 
| 恩師・友人・仲間 | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
旧交を温める
 先日、元事業部仲間と旧交を温める一時を楽しんだ。年に一度ダベリング会と称して古希を過ぎたKさんと現役でコーディネーターを引き受けてくれているE女史は固定メンバー。今回は現役で海外勤務のY、N両君が参加してくれた。嬉しいことにYさんは今春、執行役に昇進、上海を拠点にアジアビジネスの責任者で活躍中。Nさんはデュセルドルフで欧州ビジネスの責任者、我らの仲間が世界をかけて活躍しているのは頼もしく、予算時期で帰国中の多忙な両君が参加してくれたのは嬉しい限り。
 場所は八重洲の「グリル・シャトー」。固定メンバー3人は5時半からワイワイ開始。多忙のお二人も6時過ぎに駆けつけてくれた。
久し振りの再開で話が弾む。アルコールは生ビールからワインに、料理はEさんが上手にオーダーしてくれる。このお店の料理は全て水準以上で美味しい。デキャンタで数杯、赤ボトル2本、仕上げはNさん得意の爽やかなドイツ白。9時まで語り・食べ・飲んで良い時間が過ぎた。
| 恩師・友人・仲間 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ギャラリー・よこやま:高校同窓会
 あれこれ遊び回った5月の仕上げは高校仲間5人での南伊豆。ここに高校仲間の元アルピニストで半身不随の水彩画家横山君が住んでいる。自宅の脇に念願の水彩画ギャラリーを4月にオープンしたと連絡があって出かけることにした。
 伊豆急下田駅に12:50分着、駅前の食堂でキンメ焼きと刺身の昼食。南伊豆はキンメが名物、食べ慣れた味よりずっと旨かった。
7人乗りのレンタカーで海べりをドライブしながら「ギャラリー・よこやま」まで。3.11まで海に近い手石に住んでいたが津波の怖さから別荘地の高台に移転した。一人住まいの自宅の脇のコンパクトなギャラリーに案内された。入ると彼の個展で何回か見慣れたアララギ派歌人で登山家雁部貞夫氏の「横山史郎頌」が掲げてある。その先には精緻な彼の作品が展示されていた。ヒンヅウクシュの山の絵は非売品、それ以外は値段が提示されてる。何点かでも売れてくれれば良いなと願う。





ギャラリーは地方2紙で大きく報道されていた。そのコピーもある。展示品は春夏秋冬で入れ替えるという。なかなか良い趣味のギャラリー、身障者の身でこれだけのことをやり遂げたことに敬意。多くの人が来てくれることを願う。



この晩は弓ヶ浜の宿、温泉に浸り鮑の踊りなどの特別料理を堪能しながら痛飲した。

 翌日は石廊崎灯台と遊覧船、下田を観光して3時の踊り子号で東京に向かった。



灯台散策後この遊覧船に乗った、なかなかの景観

遊覧船からみた灯台

 南伊豆は高校有志の会、6月3-4日に正規の高校クラス会が鬼怒川であり参加した。150名中29名が物故、参加者25名とやや参加者の少ないクラス会だったが邂逅を大いに楽しんだ。


 
| 恩師・友人・仲間 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
懇親会などなど
 11月に入って様々な懇親会が続いている、古希を過ぎた身には仲間や先輩たちと語り杯を酌み交わす時間は何とも楽しい。
10月31日の帝国ホテル社友会をはじめに、6-7日は山歩き会の仲間とゴルフの後ビスターリで鍋を囲み一晩、10日は事業所補経部門OB有志に声をかけられ勝田の鮨屋。
15日は仲人第一号で開発部門後継者F君の退職慰労、ご夫妻とかみさんで山文魚。


お刺身、カワハギの肝だれは何時でもうまい

厚岸の牡蠣、岩牡蠣のような大きさ 他に毛蟹、海鞘、常陸牛網焼き、胆煮などなど、
彼とは入社以来のコンビ、50過ぎに大病から見事に復帰、延長でまだ仕事は続けるとのことこれからは肩の力を抜いて気楽にと、彼も分かっていた。

翌日は故恩師の奥さんを訪ねた後、小山で次女三女夫婦と中華。
19日は高校友人Y君の水彩画個展を見学した後、同級生有志と八重洲のグリルシャトーで彼を励ます会。


個展は近作40数点が展示されていた、そのなかの1点 南伊豆の花々のほか先鋭登山家時代初登頂したヒンドゥ・クシュの山も数点、栢槇(むろ)の大木など左手での力作が揃った。今自宅わきにギャラリーを建築中とか、不自由な体でのエネルギーには圧倒される。

昨日は会社先輩二人と昼から神田「漢陽楼」で上海蟹をメインに甕出し紹興酒をたっぷり。


昨日入荷したという上海蟹雌二匹を蒸し、酔っ払い蟹雌一杯、他に小籠包、蒸団子スープ、空芯菜炒め、麻婆豆腐、生それぞれ2-3杯のあと甕出し紹興酒500mlを2函経理と海外会社責任者2先輩の話はへ〜と思うような話が多い。3時間はあっという間、良い時間を過ごさせてもらった。この店は二度目、最初の酔っ払い蟹は旨かったが今回は山文魚の毛蟹、ディナムのケジャンに軍配が上がる。

 今月もう一回、12月は泊りが二回、他に3回予定が入っている。美味しくお酒が飲めるうち、と言っても肝臓への気遣いも少々気にしながらと思うのだが。
 
| 恩師・友人・仲間 | 22:44 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ミニクラス会
 高校のクラス仲間6人+2人の飲み会が10数年続いている。6人は年二回、大阪と南伊豆の2人は不定期に集まっている。今回は先週6人が八重洲のビストロ・グリルシャトーでワイワイやった。古希を過ぎた仲間はそれぞれに一病息災でまあ元気、ステント挿入者3人、癌手術後痺れが残るがほとんど完治1人、脳神経の難病と長い付き合いだが元気な1人と成人病一通りの閑人。このうち2人はまだ現役の経営者。生ものダメという仲間のためにここのところこのビストロが多い。古色蒼然と言った内装のお店はなかなかの繁盛、5時半先行で陣取った我々だが6時を過ぎるころはほぼ満席に近い人気店。
 前菜、サラダ、クリームコロッケ、ソーセージ、サーモン、鶏焼、イカ墨ピザ等の料理と久し振りの仲間の会話はビール、ワインが進む。
9時少し前までに生ビール4杯、全員でワインボトル3本+デキャンタが空いた。胃袋と肝臓は全員超がつくほど元気なようだ。
高速バスでは熟睡、高速を降りるところで目が覚めた。バスを降りてもまだ酔いは醒めなかった。久し振りの痛飲。
いい仲間との痛飲まだまだ続けたいもんだ。
 
| 恩師・友人・仲間 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
開発仲間の集まり
 現役のころの開発部仲間3人がビスターリに集まってくれた。閑人の次の次のF元開発部長、その次のI現役開発部長、K開発担当部長、K君は今年定年なのでそのご苦労さん会も兼ての集まり。ビスターリ副理事長のUさんも昔一時開発、彼を入れて計5人。
皆さんそれぞれに活躍してくれた、第2〜3コーナーの開発部時代、最終コーナーの事業部時代と彼らのおかげで結構楽しいサラリーマン人生を過ごすことが出来た。もちろん失敗や夜逃げしようと思ったことも何度かあるが、まあハッピーな今があるのは大いに彼らに寄るところが多く感謝している。
 O先生から頂いた猪肉が3圓曚瀕篥爐靴討△襦1月に蕎麦打ち仲間とビスターリでぼたん鍋をして好評だった。この肉をネタに皆さんに声を掛け集まってもらった。そんなわけで閑人がシェフ、材料調達、仕込、調理まで一手に引き受けた。猪肉1圓糧省は薄切りにして塩麹漬、もう半分は山椒をたっぷり振って寝かせておいた。
 当日は3時半から準備開始、先ず摘み。菜園の大根を太めの千切りにして塩水で洗い絞ってツナ缶と和えた。これを皿に盛って菜園のブロッコリー、トマトで周りに彩をつけると洒落た一品になる、他にかみさん手作りの縮緬山椒、八頭・厚揚・薩摩揚・人参・昆布の煮物、白菜一夜漬け・沢庵、冷奴、干物は鯖とI君持参のふぐ一夜干し。
摘みの後は、鍋の準備。風呂から戻った皆さんに少し手伝ってもらい、牛蒡のささがき、里芋、蓮、人参、菜園の葱、シイタケ・シメジ・エノキ、白菜、水菜を切って笊に盛り分けた。コンニャクは手で千切り、豆腐を適当に。大鍋の出し汁に酒・みりんを加えて準備完了。
 炭火の干物も旨そうに焼けている、5時半乾杯。話題は尽きない。1時間ほ経ってから鍋に1圓瞭を放り込む、味噌を入れてしばらく煮込み、野菜コンニャクをドボドボ、水菜と豆腐は一番最後。しばし煮込んで鍋出来上がり。

 アルコールは進んでいる。とっくにビールから日本酒、皆さん素晴らしい日本酒の差し入れをしてくれた。F君は石川県出身で鶴来の菊姫加陽菊酒の一升瓶、K君四合瓶2本、I君の持ち帰ってと言われた笠間の山桜桃(ゆすら)大吟醸、閑人の仕入れた大観純米吟醸他2本、計3.4升。予定外の酒の量、食べて飲んでワイワイ。酔っても牡丹鍋の仕上げは雑炊。これもしっかり作り食べて、席を薪ストーブの前に移し12時前まで良い時を過ごした。


炭火の炉辺を囲んで飲み食い語った

 翌朝、酒瓶を見て驚いた。一升瓶と4合瓶3本が空いていた。U君はあまり飲まないから一人5合、そんなに飲んだ記憶はなく気分良く目覚めた。朝食は残った鍋の雑炊とご飯、朝食用に取り分けた鍋の具に葱を入れた味噌汁、納豆、鯵の開きなど。10時過ぎまで談笑、再開を期して解散した。


 
| 恩師・友人・仲間 | 15:34 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/4PAGES | >>