CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
日本の資産
 28日日経夕刊のコラムは「国の豊かさ」として、08年の富の総額を米国;117.7兆$、日本;55.1兆$、中国;20兆$、ドイツ;19.5兆$、英国;13.4兆$で、人口一人当たりでは日本は4千2百万$で米国の3千9百万$を抜いて世界一、その内人的資本は3千百万$で74%、日本が豊かさを維持するためにはいかに人的資本を増やすかにかかっている。
 最近気になって調べた、日本の資産5千兆円とほぼ合うし、経済をGDPだけで判断するのはBSをみないで四半期利益だけで会社を判断するようなものである・・・これも合点。

「新世紀のビッグブラザーへ」というブログに日本のBSが紹介されていた。

【2009年3月末日(速報値) 日本国家のバランスシート 単位:兆円】
資産 負債
 政府の資産 471.0  政府の負債 960.9
 金融機関の資産 2,700.1  金融機関の負債 2,728.8
 非金融法人企業の資産 774.2  非金融法人企業の負債 1,070.2
 家計の資産 1,410.4  家計の負債 380.3
 民間非営利団体の資産 53.1  民間非営利団体の負債 17.1
負債合計 5157.3
純資産
 政府の純資産 -489.9
 金融機関の純資産 -28.7
 非金融法人企業の純資産 -296.0
 家計の純資産 1,030.1
 民間非営利団体の純資産 36.0
純資産合計 251.5
資産合計 5408.8 負債・純資産合計 5408.8
対外資産 549.8
対外負債 301.0
対外純資産 248.8

資産の部で、政府・家計の一部を除いて大半が人的資本ということになるのだろうか、日本には豊かな自然・農水産資源もまだまだ頑張っている。コラム人の言うように人的資本の強化は当然だが、もう少しバランスの良いBSにする必要もありそうだ。

 日本は世界一の純資産保有国、経常収支は黒字が続く、借金は多いといっても国債の90%以上は国内投資家が保有している。 日本のギリシャ化はありえない、という意見も聞く。
新政権が進める金融緩和、2%のインフレターゲット、それによる景気浮揚、経済に疎い身であっても何となく納得したくなる。
来年がそんな良い年になってくれますよう。
| 社会 | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
津波てんでんこ
 6月23日、ひたちなか文化会館で群馬大学片田教授の「児童への津波対応教育」という講演を聞いた。「釜石の奇跡」としてNHKクローズアップ現代で取り上げられ話題になったのを実際に聞いてみようと出かけた。感動的な講演だった。
 やや早口で淡々と事実を謙虚な語り口でお話になる講演姿勢も好感、何といっても奇跡のような事実。約3千人の児童が助かった!!。その背景にある重い現実、それを乗り越えて実践し助かった、凄いとしか言いようのない現実。
・釜石:津波常襲地域で避難率わずか1.7%の現実
・命を守るための避難三原則
 *その一:想定にとらわれるな!
 *その二:その状況下において最善を尽くせ!
 *その三:率先避難者たれ!
娘たちにも読んでもらおうと「命を守る教育」PHP研究所刊 を購入した。


| 社会 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
浪江
昨晩のNHKスペシャル、「ふるさとか移住か」を途中から見た。福島第一原発事故で汚染された浪江町住人の帰村か移住かで揺れる1年間をドキュメントした番組。地震・津波・原発事故・放射能汚染に見舞われた人々、最初は町長はじめ何としても全員で帰るという皆さんの気持ちが、高い放射線、政府の除染の対応遅れなど厳しい現状から移住の選択をせざるを得ない・・・何の罪もない2万数千人の人々が、繋がりを分断され、生活の糧もままならず、家族もバラバラ。そんななかでも前向きにという皆さん、何とも不条理な現実、みていて胸が締め付けられた。
 三女家族も短い間だが浪江住民だった、震災後は日立、富士宮での避難生活が続いたが2月茨城県西地区に落ち着いた。孫娘の幼稚園も決まった。浪江や富岡などが故郷の皆さんの苦悩には比べようもない、娘家族がお世話になった浪江の皆さんに感謝するとともに一日も早く安住の地が決まることを願っています。


引越祝い:鰻がいいということで「せきた」に出かけた
 
つれあいの海外出張で日立に出きた、「蔦や」で、日立まで約2時間
| 社会 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「放射能と理性」と「原発のウソ」

 ウェード・アリソン(オックスフォード大学名誉教授)の「放射能と理性」「いますぐ、月100mSvまで安全基準を引き上げよ!」 を読んだ。
超?有名になった小出裕章さんの「原発のウソ」は何カ月か前に読んだので記憶が曖昧、ざっと読み返してみた。

 両者の主張は全く異なって両極端。昨今の原発、放射能に対するコメンティター、マスコミの何か過度な危険視に少し違和感があったのでアリソンの主張は受け入れ易かった。

両者の正反対の主張幾つか。

・放射線の健康障害

アリソン:7sVの被曝でほとんど死亡、半分の3.5sVでは1%未満。線量と死亡率は非線形。しきい値は月200msV。ラットの実験、チェルノブイリ作業員の死亡率の実証データに基づく。

小出:8sVでほとんど死亡、これはアリソンと同じ。死亡率は線形でしきい値はゼロ。わずかでも危険。

・ヒロシマ・ナガサキの1950年以降の生存者

  アリソン:1950−2000年のあいだに癌で死亡した人は7.9%、このうち放射線の癌が原因で死亡した人の割合はわずか0.4%。(P120)

  小出:同時期の調査で、年間50msVの被曝量でも、がんや白血病になる確率が高くなるということが計学的に明らかになりました。(P70)・・・データはない。
・これからのエネルギー源

 アリソン:当然原子力・・・地球環境、将来の水資源確保のためにも。

     小出:原発は即止める。稼働率48%の火力発電を7割まで上げれば解決。(P171)、環境面ではやや暴論に思える。

*原子力と火力発電の比較 1ギガワット級年間廃棄物量(アリソン:P201)

    原子力・・・レベル:27トン、中レベル:310トン、低レベル:460トン

    火力・・・二酸化炭素:650万トン、灰:32万トン(ヒ素:400トン他有毒重金属)

・廃棄物処理

   アリソン:高レベル廃棄物はガラス固化し、地下深くの貯蔵施設に数100年で安全レベル。

   小出:同上の管理は100万年、低レベルでも300年、管理しきれる年数ではない。

・ホルミシス効果とバイスタンガー効果

    アリソンは低線量放射線の継続的被曝は細胞の適応能力を増すというホリミシス効果、小出は被曝した細胞が周辺の細胞に遠隔的な被曝情報を伝える説で 正反対。

 

 他にも対立点がほとんど。アリソンはひたすら原発、小出は必要以上に原発への不安をあ
おっ
ているような印象を受ける。この間のどこかに解があるのだろうか。子供・妊婦と熟年で対応が違わなければならないのは今や常識。

 今の日本ではアリソンはマイナー、でもこの本はもっと読まれていいと思うし、こうした意見を封じ込めるような雰囲気は決して良いことではない。

再生可能エネルギーをどう活用し原発・火力に置き換えていくかについては双方コメントがない。
一時あれほど盛り上がった地球温暖化への関心はどうしたのか、COP17は9日が最終日、日本の存在はかすんでしまった。

 
| 社会 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
我家の放射線レベル

 市が放射線量測定器を貸し出すということで申し込んだ。測定器は堀場製の空間放射線を測定する環境放射線モニタ(シンチレーションサーベイメータ)「ラディ」。




 測定は簡単、電源を入れ測定場所で1分待って10秒毎に表示される5回のデータを読み取る。この平均値が放射線量。高さは1m前後。

 

測定結果(μSv/h)

・室内・・・1階食堂:0.090、2階和室:0.091、書斎:0.086
・室外・・・庭芝生:0.198、玄関タイル:0.128、裏庭:0.142

   雨樋下地面から10cm:0.553、同1m:0.305、
   車庫上人工芝:0.187

   駐車場:0.158、車内:0.135

 

 原発事故以前の線量は0.04程度だから室内で2倍強、室外で3〜5倍ほど。日常の生活を室内16時間、室外8時間とすると、ざっと平均0.133、年間では1.17mSv。全く問題ないレベル。間もなく読み終わるウェード・アリソン(オックスフォード大学名誉教授)の「放射能と理性」は「いますぐ、月100mSvまで安全基準を引き上げよ!」。今の日本では受け入れ難いメッセージなんだろうが。 
| 社会 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
石巻

 平泉で昼食の後、高速で若柳金城まで走り石巻に向かった。この機会に3.11東日本大震災の被災状況を目で見てささやかな支援をということ。石巻から30kmほど北に登米町がある、この町に沿った北上川にまで津波があがってきたと添乗員Tさんの説明。市内に入ると大型スーパーや飲食店、車の通行量など平常で被災地らしい雰囲気は感じられない。何かイメージと違う市街を走り港に近づくと少しずつ津波の爪痕が現れた。塩害の畑、枯れた庭木など。日和山公園でバスを下り石巻港を見下ろす、そこには映像で見た光景がそのまま広がっていた。家並みはなく、港の端に廃車が延々と積み上げられていた。ポツリポツリと残った建物が悲惨さを際立たせている。


日和山公園から石巻港を見下ろす、家屋はなく海辺に廃車の山

上野写真の左側、北上川河口 整備が進んでいるように見えた

この高台の公園に逃げる途中で犠牲になったというニュースを思い出した。

公園のお店でおでんを食べただけ、ささやかな支援には程遠かった。

お店に「楽しい時には 笑顔が育ち、苦しい時には 心が育つ」という張り紙があった。
・この市の犠牲者数 死者:3,279、行方不明者:669名 合掌。

 

 石巻から塩釜まで走り、笹かま本舗へ、ここで一同かまぼこ、牛タン等などどっさり買い込みささやか支援を果たすことができた。

 

 東日本大震災はM9、震度7の巨大地震。地震の直接的な被害も大きかったと思うが、津波の被害はまさに想定外。2万人に近い犠牲者・不明者のほとんどは津波でやられた。
福島第一原発も津波対策が万全であったなら・・・東電でなくても悔やまれる。

 それにしても原発事故は罪が深い。大震災で最大犠牲者を出した石巻の惨状は目に出来たが、原発10km圏の浪江等は立ち入り禁止、犠牲者の捜査もままならない。石巻以上の悲惨な状況が目に浮かぶ。

 
| 社会 | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ウィーン市内の芸術的ゴミ焼却場(incinerator)

 ウィーン市内やや北の運河沿いにあるゴミ焼却場を「incinerator」と紹介するときのホッヘガーさんは少し誇らしげ。そうだろう、芸術的な建物とタワー、ここでウィーン市のゴミの3分の1(1日約800トン)を処理して、その廃熱で周辺地域25万世帯と5000社に暖房供給しているというから。

この建物が芸術の都ウィーンにふさわしいか意見の分かれるところかもしれないが、この建物が市内にあってきちんと環境面の規定を守り廃熱でその役割を十分に果たしているのは感心する。



とてもゴミ焼却場には見えない、フンデルトワッサーという芸術家の設計
 

 日本のゴミ焼却場は一般に嫌われ者、人家の少ない町外れの谷あいにあり廃熱は隣接する温水プールが利用するだけ。ウィーンの大胆なゴミ焼却場は日本が学ぶこと多くあるように思う。

 
| 社会 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「テラ」と「京」
4月12日、原子力安全・保安院は福島原発事故の深刻度を最悪の「レベル7」に引き上げた。 これまでのレベル5から2階級特進。レベル7の根拠は放出放射量が数万テラ・ベクレル以上なのだそうだ。3月15,16日の放出総量が数万テラ・ベクレルなのだから1ヵ月経って何でと思う。この辺が海外の日本不信の大きいところ。
 報道によると福島原発の放出放射性物質量は37−63万テラ・ベクレル(大気中のみ、海中分は省いて)、チェルノブイリ570万テラ・ベクレルの10分の一ということだ。これからの放出分、海中放出分まで入れると、十分の一なんてとんでもないのは明明、このコメントもおかしい。
 聞きなれないテラ、最近は京(けい)という単位を見かける。1万テラが1京、1万兆が1京、1テラが1兆 こんがらかる。兆やテラは多少馴染みがある、最近買った外付けHDは0.5テラ、小型の電子手帳と同じ大きさ。これが0.5テラバイト、500ギガの容量を持っている。
 さてレベル7、63万テラ、63京ベクレル、おどろおどろしい数値だ。1ベクレルとは1 秒間に1つの原子核が崩壊して放射線を放つ放射能 の量。
でも待てよ、昔習ったアボガドロ定数では分子1モルが持つ原子数は6.02×10の23乗だった。1京は10の5乗兆だから10の17乗。63京は6.3×10の18乗、ベクレルは1秒だから何時間にわたって放出されたのか知らないがピークが高いのは15、16の二日間、秒にすると1.7×10の5乗、ようやっとアボガドロの10の23乗になった。ヨウ素131の1モルは131グラム。ヨウ素1モルの5%が放出されたことになる。おどろおどろしい数値も何だということになりそう。
素人の計算、間違いがありそうだが政府や保安院は京やテラの意味するところをもう少しくだいて説明する責任がある。何か腹立たしい。
| 社会 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電池
 単3電池がなくなった。大震災から1ヵ月が過ぎた、軽い気持ちで大型電気店にいったらあるのは単4だけで単3は空っぽ。次にドイト店、ここも同じ。乾電池メーカーは関西が多く生産に支障はないと思うが、いまだに品切れが続いているとは、被災地への支援物資優先は当然だが、それだけではなさそう。余震→停電 の不安感からまだ買占めが続いているのだろう。
 単3電池2本が組み込まれた携帯電話用充電器が沢山籠においてあった。震災直後の停電時、電池残量を気にしながら携帯を使った。そんなことにならないよう願いたいが、念のため1個買ってみた。

寸法は80×35×20
 無いだろうと思いながら聞いてみた。LEDランタン、ガスバーナーランタン、ポリ容器は何れも入荷なく入荷見通しも分からない・・・店員さんの返事だった。
  
| 社会 | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
海外からの支援と原発報道
 今回の大震災で閑人が関与した福島の会社が被災した。原発に近いこともあり生産再開は時間がかかる。日本のインフラに影響する深刻な状況、何かささやかに協力出来ることはないかと、ドイツとウィーンの友人に設備借用・委託加工などメールのやり取りを頻繁 にした。彼等から本当に暖かい援助と励ましの言葉をかけて頂いた。  お2人のコメントの一部。

you cannot imagine how we are following everyday the news from Japan, especially for persons like me who have been so many times in Japan and like the people and country so much. For a human being it is really difficult to understand how this can happen.

good to hear from you again. I am having problems myself watching or listening to see news about the desaster.Our news are somewhat distorted. Its seems that the Fukushima problem  ( as bad as it is ) caused the tsunami and not the other way round. We bearly hear about the rescue efforts about tsunami victims which is to me very heartless. At least a lot of organisation in Austria drum up support for this victims.
Beneficiary concerts are being contacted like one from Volksoper.
I don`t give up hope that everything will turn to the better soon and that we will see you soon.

お2人から何回も we cross our fingers という言葉をかけて頂いた。

海外の報道は日本と大分違うようだ、またその報道に疑問を感じているようでもある。海外の皆さんは本当に親身になって日本を心配し気遣ってくれています。
米軍の「ともだち作戦」が大変な協力をしてくれていることがやっと報道されるようになった。

先日のニュースではフランスに次いで
「米国からも決死隊がやって来る。米原子力人材会社が福島第1原発で作業に当たる技術者の募集を始めた。求めているのは原子力産業の経験者で、家族の同意が条件。金額は明らかにされていないが、通常より高給が保証されているといい、4月3日にも第1陣が出発するという。ロイター通信が1日(日本時間3月31日)報じた。福島原発の状況はなお予断を許さない。」

原発の現場で作業している皆さんには本当に頭が下がります。
一方で、日本の首相はあまりにトンチンカン、世界中から心のこもった素晴らしい支援を受けていることへの感謝の発言が聞こえない。米・仏の精鋭専門家部隊にどう協力してもらうのかも見えない。1日も早く原発の放射性物質拡散を止めてくれ、早く決死隊が入って良い成果が出てくれ・・・とひたすら願うばかり。

| 社会 | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/9PAGES | >>