CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ミニ菜園

 二三日おきに菜園に出かけている。今は胡瓜、ミニトマト、ピーマン、神楽南蛮、モロヘイヤ、オクラ、茄子(不作)などがそこそこ収穫できる。胡瓜は黒珊瑚で棘が特徴、実が締まって旨い。気に入ってここ数年 種から育てている。この胡瓜はカラス(多分)に気に入られているようで、ちょうどいい大きさになると種の部分をかじられた残骸が放置されている。よその胡瓜の被害はなさそう、カラスもこの胡瓜が旨いことが分かっているのか。今は少し油断すると超大型のお化けになる。炒めたり、胡瓜揉みにすれば美味しくいただける。トマトは雨よけカバーをしないのと長雨でひび割れが多いが美味しくいただいている。

 

ある日の収穫、写真にないがモロヘイヤとオクラも採れた

 

 モロヘイヤとはどんな意味かネットで調べてみた、「アラビア語で、重病を患ったエジプト王がこのスープを飲んで回復したという、王様のスープという アラビア語 ”ムルキーア” が語源になっている」 へ〜!!。

この葉っぱ、栄養の宝庫のようだ。以下ネットのコピペ。

 

 モロヘイヤの栄養価が非常に高いことはよく知られている。特にモロヘイヤに含まれているカロチンは、ホウレンソウの4.6倍、ブロッコリーの19倍も含まれており、さらにカルシウムはホレンソウの9倍、ブロッコリーの10倍も含んでいる。 

また、モロヘイヤに含まれるビタミンB群においてもビタミンB1、B2がそれぞれホレンソウの5倍と、いかに栄養価の高い野菜であるかが分かる。その他にも、ビタミンC・E、カリウム、鉄などが他の緑黄食野菜に比べて、はるかに多く含まれている。

これら豊富な栄養素による健康効果には、免疫の活性化、がんや老化の予防、骨粗鬆症の予防、胃粘膜の保護、疲労回復、高血圧予防、精力増強作用、肌や皮膚を若々しく保つ美容作用、貧血の予防など様々な効能が挙げられる。

さらに、モロヘイヤのヌルヌルとしたねばりには、水溶性の食物繊維が豊富に含まれている。この食物繊維には、コレステロール低下作用をはじめ、便秘を改善、肥満や糖尿病予防、大腸がん予防など、生活習慣病(成人病)の予防に優れた効果がある。

 

| 家庭菜園 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ミニ菜園の収穫

 前報から半月弱経った7月の菜園は賑やか。胡瓜は種から育てた黒珊瑚が最盛期で苗から植えた胡瓜は早めにほぼ終わり。茄子はテントウムシ、ダマシがびっしりついていたのを放っておいたため虫食いだらけが20個ほどでほぼ終わり。10坪ほどの菜園、虫をツブすのに大した手間はいらなかった。今はせっせと害虫退治をしている。10日ほど前に植えた3本の茄子苗に期待。

トマトも虫がついたが駆除したおかげで大玉・中玉・ミニとしっかり実を着け、順次収穫。初めての大玉は感激的な大きさ。まだ青い実もびっしり、しばらく楽しめそうだ。

 万願寺、弦無しインゲンはまあまあ、ピーマンは今一。以前収穫前にハクビシンに食べられたトウモロコシは早めに収穫した、虫食いがあったが実は甘くほぼ満足。

 

 

| 家庭菜園 | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ミニ菜園の収穫

 6月は10坪のミニ菜園で結構な収穫があった。マルチをかけた玉ねぎは予想通りの大玉が多かった、男爵は去年に比べればほぼ満足。

 

玉葱は腐りやすい、物置にぶら下げてみた

大小様々、小玉は茹でて味噌と絡めるとビールに最適

 

他にサヤエンドウ、ラッキョウもまずまず。赤葱は今一。早めに植えた胡瓜、茄子、万願寺唐辛子、ピーマン、神楽南蛮などが収穫期。ミニ・中玉トマトも赤くなり始め結構な数の緑の玉がぶら下がっている。棘が多くシャキシャキ感のある胡瓜「黒珊瑚」は種を蒔いた、順調に育ち予想以上に早く実を着けてくれた。

 胡瓜の成長は早い、三日もするとお化けになる。せっせと採って、胡瓜揉み、浅漬け、お化けに近い大物は適当に炒めものにする。

モロキュウは「黒珊瑚」が断然旨い。ラッキョウは味噌で。茄子は万願寺・ピーマンと鶏胸肉・ニンニクのスタミナ炒め、麻婆茄子豆腐、これは閑人の定晩。玉ねぎはプランターのサラダ菜と、男爵は茹でて食べる。自前の食材中心の毎食は元気につながる。

 プランターのゴーヤが元気一杯。すごい勢いで伸びている。小さな実が2−30個着いている。毎日でも飽きないチャンプルーがもう直ぐ食べられそう。ビールにぴったりの料理が増える、楽しみ。

 

胡瓜の成長には驚くが、ゴーヤの伸びにもびっくり

 

| 家庭菜園 | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴーヤのグリーンカーテン
 4-5年前からプランターでゴーヤのグリーンカーテンを育てている。最初は菜園先輩のTさんから苗をもらって育てた。翌年は種をとって育てた。ここ数年はDIY店で苗を買って育てている。年によって多少出来不出来があるが毎年まあまあの収穫になっている。
今年は4本の苗が大豊作。これまでに12個の立派なゴーヤをチャンプルーでいただいた。まだ30個ほどがスタンバイ、花も着いているのでそれ以上に期待できそう。大豊作のいぼ胡瓜やゴーヤは毎日食べても飽きない。



ゴーヤの成分はビタミンCがたっぷりで血糖値を下げ、インシュリンの分泌を促進、抗酸化や疲労回復にも効果があるという。我が身にはぴったりの食材、旨くて栄養満点。しばらくせっせと食べ続けることにする。
それぞれの食材レシピはずいぶん広がりそうだ。
| 家庭菜園 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いぼ胡瓜
 ミニ菜園のいぼ胡瓜が元気。「黒さんご」という種をポットで育て畑に移植した。
3年前、菜園セミプロのTさんにこの苗をもらって育てた。いぼの多い胡瓜で歯触りが良くさっぱりした味わいが気に入った。去年もTさんから苗をもらったがその後体調を崩して菜園はお休み。今年は種から自分で育てた。5苗が順調に育って10日ほど前から立派な胡瓜が収穫できるようになった。今は二日おきに4-5本、三日放っておくとお化けになる。
 朝昼晩せっせと食べている、採りたてに味噌を一寸つけて食べるのは旨いし、定番の胡瓜揉みも好きだがとても食べきれない。豚や鶏肉との炒め物にも挑戦、パクチーを入れカレー粉やナンプラーで味付けたエスニック風、和風、洋風といろいろ試したがみな結構いける。ビール漬けが良いと教わり作ってみた、皮が鮮やかな緑になってビールにぴったり。


収穫最初はまっすぐが多かったが最近はこんな形が多い、自家菜園らしくていいか

 いぼ胡瓜のほかにDIY店で2本買ったいぼのない胡瓜苗も収穫期だがこちらはテントウムシがびっしり、おまけにカラスかハクビシンかに荒らされている。種の部分を食べ散らかした残骸が散らかっている。いぼは荒らされてない、何故なのだろう。いぼが邪魔なのか皮と身が固いのか、侵略者にいぼは苦手のようだ。
| 家庭菜園 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
パクチー;コリアンダー
 タイ料理、中華料理で出てくるパクチーは大好きな香菜。でもこの辺のスーパーやお店では手に入らない。去年プランターで育てようと種を蒔いたが全く芽が出ず失敗した。今年は菜園に直蒔きしてみた、まめに水遣りをして発芽を待った。ぽつぽつと発芽した時は嬉しかった。せっせと水遣りをして成長をまった、順調に育ち6月初めには初収穫。その後は驚くほど元気、刈り取っても後からどんどん成長する、繁殖力が素晴らしい。
 食べ方は様々、軸をとって生でサラダやおかずに沿える、味噌汁に入れても結構いける。鶏のモモ肉炒め煮の最後にどっさり入れてさっと炒める、ナンプラーと一緒にたっぷり入れたラーメンはタイ風味になって旨い。そんなこんなで6月いっぱいはパクチーパクチーの毎日が続く。かみさんは閉口しているがパクチー好きには嬉しい毎日。
 先日の新聞に東京でパクチー専門レストランがあるとあった。ネットで見てみたらタイ料理ベースで付け合わせのパクチーがたっぷりといった感じ。こんなレストランが6-7店、パクチー派として一度試してみたいと思う。
 パクチーはタイ語? 英語ではコリアンダー、ベトナムではザウムイ、中南米ではシラントロ、中国ではチャンサイ、抗酸化作用やデドックス(解毒)作用がある。健康食というところか。独特の匂いと味は敬遠する人も多いがパクチー好きはせっせと食べて健康増進。また種を蒔いてみよう。






 
| 家庭菜園 | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ミニ菜園始動
 ジャガイモの種イモ、男爵とメイクイーンを各1塲磴辰討た。半分と大き目は三つに切って切口を天気干しにした。ジムから帰って切口を見たら良く乾いている、あさっては雨、明日の午後からビスターリで泊り、ということで夕方から植付をした。
中旬に苦土石灰と完熟牛糞を梳きこんで天地返しをした1畝にメイクイーン32個、半畝に男爵18個を種イモの間に牛糞を置いて土かけした。芽が出て、育って、収穫まで成長の過程が楽しめる。


左が男爵、右がメイクイーン ともに1

 天地返しのとき、小さかったブロッコリーが立派に育っていた。ブロッコリーは健気、冬の間葉っぱは鳥の餌、それでもひたすら実を着ける。中心の実を採っても脇芽が頑張って実を着ける。収穫のときは分からなかったがかみさんが水洗いしてアブラムシがびっしりだったと後で聞いた。茹でて食べるのだから問題なかろう、虫もつかない輸入ブロッコリーのほうが普通ではない。



 寒さと霜で元気なかったホウレンソウも少し伸びてきた、あきらめていたが少し期待できそう。スナップエンドウも鳥の餌だったが残った葉が元気に育ち始めた。菜園の生命力はなかなか。
| 家庭菜園 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
池の川農業委員会
 休眠中のミニ菜園もそろそろ目覚めの頃、先日山仲間でミニ菜園隣同士の3人が集まって情報交換した、Iさんは喜連川に別荘がありここで養蜂と菜園もやっている、委員会の師匠格、Uさんも閑人よりベテラン。池の川運動公園脇が菜園なので「池の川農業委員会」、勝手な名前を付けてワイワイガヤガヤの飲み会が本音。
前回まで集合場所にしていた韓国居酒屋が閉店したので、今回は中華料理「Α廖このお店には現役のころから随分お世話になった。メモ無しで客すべての注文をこなす元気なおかみ、ご亭主は閑人より三つ四つ年上、一人で手際良く料理をさばく。味もなかなか素晴らしい。特注で作ってもらっていた閑人の名前を付けた鮟鱇鍋が絶品だったが5-6年前から体力と良い鮟鱇が手に入らなくなったので、と断られてしまったのは残念。鮟鱇鍋は水戸、日立、北茨城が有名、あちこちで食べたがここの鍋には及ばなかった。紹興酒でゆっくり肝を炒めるのがコツと聞いていたが仕込みの手間が半端ではなかったようだ、レシピを教えてもらってチャレンジしてみたいと思うがどうなるか。
 この晩はかみさん手作りの注ぎに旨い餃子、麻婆豆腐、大粒ゴロゴロの鳥唐揚、海老と青菜の炒め、大壜ビール4本、紹興酒1本。一人はあまり飲まないのでたっぷり飲んで食べて満足。肝心の農業委員会の情報交換もしっかりできた。
さあ、ジャガイモの植付に取り掛からないと。 
| 家庭菜園 | 10:59 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
茄子が旨い
 6月18日がミニ菜園に4本植えた茄子の初収穫。しばらく元気なかったが、7月中旬以降俄然元気になって2-3日毎に立派な茄子が7-8個収穫できるようになった。こうなるとどう消化するかが問題。元来茄子は大好物、かみさん得意の茄子煎り、マーボー茄子、茹でて胡麻醤油、浅漬け、焼き茄子、味噌汁の具、何でも大好き。夏場の昼は素麺が多くなる、胡麻と大根おろしたっぷりのたれに茹でた茄子とインゲン、これで素麺の味が2-3倍高まる。かみさんから飽きずに毎日よく食べますね、と呆れられる。
 京都に長女夫婦がいるので京漬物を食べる機会がある、それぞれに旨いが特に茄子が良い。水茄子のように皮が薄く実が柔らかい。お値段もそこそこでそうそう何時も食べられないが、菜園で採りたての茄子を浅漬けにしたのは京漬物の茄子に引けを取らない。しっとり瑞々しく柔らかい、皮も気にならない。もう2ヶ月ほど茄子尽くし、昨日肥料食いの茄子に堆肥をやった。もうしばらく頑張ってくれることを願っている。


ミニ菜園の収穫一部、つやつやした茄子、旨そう。万願寺唐辛子も京野菜。
  
| 家庭菜園 | 19:52 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
葉生姜
 葉生姜が好きなので、今年は4月16日ミニ菜園に三州生姜の種を植え付けた。30僂曚匹寮Δ16個の種生姜を植えマルチで覆った。なかなか芽を出してくれなかったが6月に入ってからマルチの下がツンツン。マルチを切って芽を出して待つこと2カ月と少し。8月21日が初収穫。立派な葉生姜が顔を見せてくれた。
 きれいに洗って味噌をつけて生でいただく。適当な辛みとシャキッとした噛みごたえ、ビールにはぴったり。ここの所昼と晩の定番になっている。
筆生姜という言葉があることを最近知った。甘酢に漬けた軸着き生姜、山文の焼き魚には必ずついている。これを筆生姜というのは知らなかった。身近なもので知らない言葉は沢山ある。


9月3日収穫、一株でこんなにどっさり。半分は筆生姜にした。

 菜園は夏野菜が盛ん、茄子、トマト、インゲン、ピーマン、オクラ、万願寺唐辛子など。せっせと自家製夏野菜を食べ続けているが飽きることはない。 
| 家庭菜園 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>