CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 蔵王;4回目 | main | 旧交を温める >>
蕗の薹
 春の香りと味は先ず大好物の蕗の薹があげられる。
正月に栃木の実家にいっていたころは裏庭でわずかに芽を出した蕗の薹を採って初春の香りを楽しんだ。
今年はパソコン仲間から立派な蕗の薹を分けてもらったり、近場で生えたわずかな株を採って味噌汁に散らしたりして春の香りを楽しんでいた。
今日は少々遠出して蕗の薹摘みに出かけた。
道路から田圃を隔てた山林に入ると立派な蕗の薹がにょきにょき出ていた。少し多めに摘ませてもらった。去年もそうだが今年も誰も採ろうとした気配がないのが不思議。



 帰って小さいのは天麩羅、大ぶりはざく切りにして炒め、塩・砂糖・味噌・みりんで和えて蕗味噌にした。少し残した分は味噌汁に散らす。しばらく晩酌のあてと春の香りが楽しめる。



蕗の薹はビタミン、カリウムなど多く含まれるのでアンチエイジング・デトックス効果があり、花粉症にも有効だとネット情報にあった。今年は予想以上に花粉が厳しい、少しでも効果があってくれればうれしい限り。
| 旨いもの・旨い酒 | 20:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
今日開けてみたら、コメントが投稿可能に変わっていました。
で、おいしそうな蕗の薹が出てきました。
暖冬で今年は一月から食べました。この付近ではすでに伸びてしまってますが、それでも採ってきて、刻んで味噌汁に入れてます。
熱湯をくぐらせて味噌で練っておくと、少しずつなが〜く味噌汁に入れられます。(油は使わない)
| ムツゴロウ | 2016/03/24 9:32 AM |
お久し振りです、コメント有難うございました。
蕗の薹味噌は塩気が強すぎました、残りの蕗の薹を加えて何とか味の調整が出来ました。かみさんから「さしすせそ」が肝心、塩を先に入れるなんてとお叱りを受けました。料理の「いろは」はまだまだです。生を刻んで味噌汁に散らす、これが春の香りと味を楽しむのには一番無難なようです。
| 堂平閑人 | 2016/03/24 9:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ky.roof-8.com/trackback/1107039
トラックバック