CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 四度目のMJ | main | 蔵王でスキー >>
しもつかれ

 「しもつかれ」をつくった。去年まで手に入った、塩鮭の頭が今年は駄目だった。お店の話しでは頭を外した身だけしか入荷しないという。しもつかれには必須の御頭、仕方ないので頭無しの半身を使うことにした。大豆90gを3時間水に浸し、焦げ目がつくまで炒る。鮭はカマと尻尾の部分を骨付きで1~2儚僂棒擇蝓⊃櫃鯑れて圧力鍋で10分。この間に大根;1圈⊃融押200g を鬼おろしで摺り下ろす。油揚げを湯通ししてから2×1僂曚匹棒擇襦これ等を圧力鍋に入れ、圧力をかけ5分、酒粕200gを千切って入れ30分、塩・醤油で味を調えて完成。

 さて味は、甘塩鮭だったので薄味。頭から出る旨味がない、どうやらこれが大きな違い。頭には氷頭、目玉部分のコラーゲン 等々身の部分では出ない味がある。この料理には頭は必須ということのようだ。

でも好物、お酒の伴には充分、しばらく楽しみながらいただくことにする。

 

| 旨いもの・旨い酒 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ky.roof-8.com/trackback/1107183
トラックバック