CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 味噌造り | main | 南イタリア のんびり旅 >>
水戸弘道館

 地区福祉委員の研修会に参加した。市バスで水戸弘道館・黄門神社・県立近代美術館を巡った後 千波湖を散策するコース。

弘道館は3.11で大きく破損した、修復中に梅を観に訪れた。2014年 4億7千万かけた修復工事が完了した、どんな状態に復旧したのか見たいと思っていた、良い機会と研修会に参加した次第。

 10時20分、ボランティアガイドのWさんが自己紹介、昭和4年生まれとのこと、14年じゃないのと聞いてしまった。名解説のもと約1時間、玄関前 斉昭夫人由来の左近の桜のあと館内を案内してもらった。

 

綺麗に修復された正門

左近の桜;天保2年(1831年)斉昭夫人の登美宮(とみのみや)降嫁の折、仁孝天皇から京都御所の左近の桜の鉢植えを賜ったことにさかのぼる。

今の桜は3代目

 

この藩校は水戸藩第九代藩主 斉昭が1841年に開設した。正庁正席の間、諸役会所、至善堂には斉昭自筆の拓本や書がある、端正と剛毅が合わさった書は素人が見ても見事と思った。「遊於藝」の意味する水戸学の一端に触れ、実子で最後の将軍 慶喜が幼いころに学び大政奉還のあと、恭順謹慎生活を送った至善堂など興味深かった。

再建にご苦労された関係者に感謝。

 

千波湖湖畔の桜並木 ちょうど満開、青空に映えた

 

| 歴史・文化 | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ky.roof-8.com/trackback/1107193
トラックバック