CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 成田からナポリ | main | ナポリ散策 >>
ポンペイ遺跡

 ナポリ二日目は「ポンペイ遺跡」見学ツアーに参加。10:20 集合場所のベヴェレッロ港 picnic bar 前で待っていたら、ツアー主催μ(みゅう)の女性が迎えに来た。バスのPU場所は200mほど離れた所。ローマから来たバスからカプリ観光の10数人が下りて、ポンペイへは新婚ご夫婦と我々、女性ガイドの5人。ナポリから高速を走り30分弱で遺跡入口着。

 この遺跡訪問は今回の旅行で一番興味があった。紀元79年にヴェスヴィオ山の大噴火によって7mの灰に埋もれた古代都市ポンペイが発掘され往時の文明都市の姿を見ることが出来る、火山国日本に住むものとして一度は見ておきたいと思っていた。

 バスを下りて海の門から右手を通り剣闘士の兵舎、大劇場で自由見学、スタビアーネ浴場;公共浴場で温浴・熱浴・冷浴があり往時の文化が伺える。娼館、パン屋、豪邸、フォロ(公共広場)では石灰化した被災者も展示されている。

 

大劇場、5千人収容、オーケストラピットもある

スタビアーネ浴場、温浴室?

通路、馬車のわだちや両側には商店遺跡

フォロ(公共広場)

発掘された遺骸や壺など

パンの焼釜、今のピザ釜に似ている

 

悲劇詩人の家などそこここに往時のままが再現されているなかを歩き、最後は秘儀壮へ。素晴らしい彩色壁画が再現されている、なんで秘儀?という質問に、この壁画は「ディオニュソスの秘儀」ディオニュソスとはバッカスと呼ばれる酒の神、ローマ政府はディオニュソス崇拝は宗教上の秩序を乱すものとして、禁止されていたので分からないようにごまかして描いたので秘儀ということだった。怪しげな壁画の彩色は見事だった。

 

秘儀荘、「ディオニュソスの秘儀」左から2人目の少年がディオニュソス

 

 さすがに壮大な遺跡、発掘されたのは7割、まだ発掘は続いているとのこと。

 

日本では明治21年の磐梯山の噴火で477人の犠牲者が出た、井上靖の「小磐梯」を読んで往時を偲んだがポンペイの規模は凄い。犠牲者の冥福を祈り、日本の火山活動がおとなしくしてくれることを願う。

 

| 海外 | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ky.roof-8.com/trackback/1107196
トラックバック