CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 蔵王 熊野岳とサクランボ狩り | main | 霧降高原のキスゲ >>
今昔雅楽集 七夕の宴

 七夕の日、同期入社のM君に誘われて ATMの「雅楽 七夕の宴」に出かけた。先ずびっくりは我々二組夫婦の席が最後列後ろの特別席。雅楽のコンサートがこんなに大入りのコンサートとは思わなかった。

演奏は「伶楽舎」と宮田まゆみ(正倉院復元楽器・竽)

演目

芝祐靖 復曲・構成:露台乱舞(ろだいらんぶ)…平調越天楽 ほか
芝祐靖 復曲:曹娘褌脱(そうろうこだつ)より(正倉院復元楽器版)
宮田まゆみ:滄海(うみ) (正倉院復元楽器・竽)独奏:宮田まゆみ
武満 徹:秋庭歌(しゅうていが)

 

雅な衣装と、予想以上に力強い音量とハーモニーに聞きほれた。大入りの背景も納得できた。

 

退職以来、15年 日本の古典を読んできた。万葉集・古事記・平家・枕草子・方丈記 など。何れも文字だけ、本来は背景に民謡・雅楽などの音があるはず。このコンサートを聴いて それぞれの古典の背景にある音を聴いてみたくなった。

| 音楽・コンサート・美術 | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ky.roof-8.com/trackback/1107215
トラックバック