CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 笠新道の花々 | main | 万葉バス研修(福島・郡山) >>
乗鞍岳と花々

 笠下山 新穂高温泉から乗鞍高原まで移動、観光センター駐車場は余裕があった。無料の温泉で汗を流し、缶ビール2本とテイクアウトピザ、ワイン・食材で良い気分で3時半のご来光バスまで就寝。3時に起きて列に並んだ、駐車場は満杯。なんと列の20人ほど前で定員オーバー、3連休 6台のバスで十分と思ったのだろうが…、関係者はお詫びひたすら、仕方ない。次の始発6時10分まで一寝入り。

 

朝焼けの乗鞍岳、駐車場から

 

 6時前、早めに並んだ。定刻順次出発、7時過ぎ畳平着。笠ヶ岳のハードワークでくたびれていたので楽な平坦道を肩の小屋まで。歩き出して直ぐ、コマクサやヨツバシオガマがアチコチに。肩の小屋から岩礫の登り、約1時間で頂上の剣ヶ峰3026m。

 

肩の小屋から左の剣ヶ峰を望む

 

頂上から、昨日登った 笠ヶ岳から槍穂、御嶽山、白山など3千mからの雄大なうパノラマを楽しんだ。

頂上から御嶽山

昨日登った笠ヶ岳と槍穂の展望

畳平と鶴ヶ池

コマクサ 蔵王熊野岳に続き今年二度目の出会い

イワツメクサ この花もアチコチに

ヨツバシオガマ 畳平近くにアチコチ多く咲いていた

イワギキョウ

 

下りは3連休と人気の3千m、登り優先で待って下りの連続。畳平着10時40分。11時5分のバスで観光センター駐車場に戻った。無料の男子風呂は誰もいない。汗を流し帰宅の徒に着いた。

| 山歩き・山野草 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ky.roof-8.com/trackback/1107219
トラックバック