CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< イタリアン ニューフェイス | main | 初秋ひたち 能と狂言 >>
聖岳

 南アルプス「聖岳」に登ってきた。台風13号の発生で7日の予定を早め8月5日 12時半自宅発 新静岡ICから井川村臨時駐車場6時半着。ビールとワイン持参の摘みで夕食、蚊の羽音に悩まされながら就寝。

6日 6時45発のバスで登山口8時着。

急登とトラバースが続くアプローチは水場もあって癒される、小屋近くの沢で大きな岩魚が悠然と泳いでいた。小屋着3時半。

 小屋は水が豊富、汗を拭き着替えて、外のベンチで前後して登ってきた東京の山岳会4人組と飲みながらしばしワイワイ。

今回は寝袋持参で自炊。夕飯はウィスキーと摘み様々、〆は納豆ラーメンと蟹雑炊。昨日の寝不足もあり7時就寝。

 7日5時起床、良く寝た。蟹・鮭雑炊と納豆・味噌汁の朝食を済ませてガスのなか6時半出発。薊畑を過ぎるとキオン、マルバダケブキとトリカブトの群落が現れた。黄色と青の大コラボ、花はそれほど多くないがポツポツ、タカネヒゴダイは珍しかった。

小聖岳を少し下ると聖岳への登りが始まる。ザラ場の急登1時間半ほどで3013mの頂上。コーヒーをゆっくり飲みながらガスが晴れるのを待ったが期待薄、残念。ライチョウ親子が現れしばし慰めてくれた。登山者は少なく頂上には2人だけ。

 

頂上;3013m ガスでパノラマなし 残念

奥聖方面がわずかに見えたがすぐガスのなか

ライチョウ親子がしばらく遊んでくれた

 

 ゆっくり下山、3パーティとすれ違った。断続的に雨がパラパラ、お花畑を愛でながら山荘分岐まで、雨が本降りになってきた。

1時小屋着、缶ビールで昼食。雨は強く降ったりやんだり、分岐から茶臼方面に少し歩くと ドコモが通じると教えてもらい、メールチェックとかみさんにTEL。一寝入り、連泊の4人組、隣の単独行とワイワイ。5時 夕飯をすまし明日の3時おきに備え早寝した。

 

マルバダケブキとトリカブトの群落

キオンとトリカブト

タカネヒゴダイ

 

 8日は1時前に目が覚めて後はウトウト、4時小屋発 外は真っ暗、ヘッドランプで45分ほど。この朝は快晴、途中 木の間から聖岳の雄大な山容が眺められた。登山口着9時15分、バス発10時にはゆうゆう間に合った。近くの水場で汗を流した。

 

聖岳と奥聖岳

小聖と聖岳 この日登ったら…

 

 駐車場着11時過ぎ、11時半発 新静岡ICまでくねくね道を2時間、途中落下物渋滞、都心の渋滞があったりしたが休憩1回で自宅着6時45分。

 

 これで百名山3千m峰クリアし、91峰になった。残りは魅力を感じない。年も年、これからは近場の好きな山をのんびり歩きたいと思っている。

 

 

 

| 山歩き・山野草 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ky.roof-8.com/trackback/1107223
トラックバック