CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 啄木ふるさとの山紀行 1 | main | 啄木 ふるさとの山は >>
啄木のふるさとの山 2(姫神山)

 北上川をはさみ西に男神の岩手山、東に名も姿も優しい姫神山。

「ふるさとの山に向かいて/言うことなし/ふるさとの山はありがたきかな」この山は岩手山とも姫神山ともいわれる。

 

 27日姫神山に登った。一本杉キャンプ場で車中泊、5時半起床、一面濃霧。予報は晴れ、朝食を済ませ6時半霧のなか出発。

一本杉清水からざんげ坂を登り五合目でひと休み、頂上直下で左右に道が分かれ右が頂上、ここから岩が重なる結構厳しい登りしばしで頂上1124m、2時間弱の登り。薄くなった霧のかなたにうっすらと岩手山が望めたのは幸い。登山者はもう一人、少し話して彼は直ぐ下山、閑人はコーヒーをゆっくり味わってから「こわ坂コース」を下山、しばし急坂だが岩はなく安全、50分ほどで車道へ出た。

 

姫神山頂上

頂上からうっすらと岩手山が望めた

 

車道の端に山栗が落ちていて探すと幾らでも拾える。40個ほど収穫して駐車場に戻った。

 驚いたことに早朝の駐車場は2台だったが、ほぼ満車状態。手軽な山、10時前後から登る皆さんが多そうな人気の山 のようだ。

 

 啄木がこの山に登ったことはないと思う、頂上から渋民村をのぞもうと思ったがガスのなか。一本杉キャンプ場のトイレには啄木の小さな写真が飾られていた。やはりここは啄木のふるさととの想いを強くした。

| 啄木 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ky.roof-8.com/trackback/1107226
トラックバック