CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 啄木 ふるさとの山は | main | 高椅神社 包丁式 >>
渋民村

 啄木のふるさと 渋民村は今盛岡市玉山区渋民となっている。

27日藤七温泉から八幡平アスピーテラインを走り好摩駅から渋民街道に出ると左に姫神山、直線道路の両側に民家とイオンモールなどがあり「石川啄木記念館」は少し先の左側にあった。4時前着。

入館者は一人だけ、父一禎をはじめ啄木の手紙など様々な資料が展示されている。夭逝した天才を偲ぶ達筆な手紙など様々だが金策などが多いのは何とか他の人生がなかったのかと哀れを感じた。

 そとにある渋民尋常小学校、旧斎藤家を見学して階段を上がり啄木慰霊塔、与謝野寛・晶子歌碑を観てから啄木が暮らした宝徳寺を見学。

渋民公園に移動、啄木歌碑第一号「やはらかに・・・」の大きな歌碑と北上川にかかる鶴飼橋を見学。北上川は雨を集めてとうとうと流れていた。

 

「やはらかに柳あおめる/北上の岸辺目に見ゆ/泣けとごとくに」

歌碑の先にうっすらと岩手山が見えた

鶴飼橋 啄木はこの橋を渡り好摩駅まで歩いた

鶴飼橋の下をとうとうと流れる北上川

 

 翌日、姫神山下山してから好摩駅の啄木歌碑をみて今回の啄木紀行を終えた。

 

「ふるさとの停車場路の/かわばたの/胡桃の下に小石拾えり」

 

 10月下旬、H先生と聴講生8人で函館・小樽・盛岡・渋民の文学散歩が予定されている。新たな経験を期待している。

 

 

 

| 啄木 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ky.roof-8.com/trackback/1107229
トラックバック