CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 高椅神社 包丁式 | main | 啄木 文学散歩 函館 >>
啄木 文学散歩 小樽

 10月24日から27日まで「啄木を読む会」の皆さん12名で、東北・北海道新幹線、レンタカーで小樽・函館・渋民・盛岡と啄木巡礼をしてきた。天気に恵まれ、紅葉真っ盛かりの道南ドライブ、小樽の海の幸、函館の地ビールなどなど啄木以外も大いに楽しんだ。
啄木研究家 H先生(私大名誉教授)の案内で啄木漬けの4日間はにわか啄木ファンの身にも良い時間を過ごすことが出来た。女性が多く飲んベイの先生とはひたすら楽しくお酒のお付き合いをさせて頂いた。

 

初日は新幹線とレンタカー、毛無山から小樽の夜景を見学。6時 かんぽの宿小樽着。

 

2日目は先ず小樽公園へ、紅葉が綺麗だった。

小樽公園の歌碑


小樽・水天宮の歌碑。「かなしきは小樽の町よ 歌ふことなき人人の 声の荒さよ」

啄木は この歌で小樽の人には人気なかったとのこと

 

この後 啄木旧居跡、小樽日報社跡(今は本間医院)、小樽駅の歌碑、小樽文学館を見学した。

 

 

小樽駅 駐車場の歌碑

 

北の祝津(しゅくつ)に走り「青塚食堂」で昼食、海の幸たっぷりの海鮮丼と鰊の炭火焼き。

鰊は脂ののりが少なく今一だったが海鮮丼はさすがだった。漁師さん経営の人気店。

 

食事の後は再びロングドライブ。ニッカウヰスキー余市蒸留所に寄れなかったのは残念。

ニセコで休憩、昨日は雲のなかだった羊蹄山、ニセコアンヌプリが綺麗に姿を見せていた。

| 啄木 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ky.roof-8.com/trackback/1107231
トラックバック