CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 晩秋の安達太良山 | main | 白子 >>
東歌・防人歌を読む会 バス研修

 12月4日のバス研修は風土記・那賀群エリアの古墳と神社巡り。

学園を8時半出発、馬渡埴輪窯遺跡→ひたちなか市埋蔵文化財センター・虎塚古墳・十五郎穴→川小(かご)塚古墳→酒列(さかつれ)磯前神社→清浄石→大洗磯前神社(昼食)→日下ヶ塚(ひさげづか)・車塚古墳→木下・浅間神社(古墳)→折居の泉・大串貝塚・資料館 盛り沢山の見学研修だった。

 虎塚古墳以外は全て初めて、ひたちなか・大洗エリアにこんなに古墳があるとは知らなかったし、立派な両磯前神社も名前だけだったのを参拝できたのは幸い。埋文センターの母子や馬の埴輪、大洗町第2回埋蔵文化財企画展「太平洋を見下す大洗の王墓」は磯浜古墳群(姫塚・五本松・坊主山・日下ヶ塚・車塚)の埋蔵物が展示されていた、休みにも関わらず説明頂いた 蓼沼委員には感謝。ここの円筒埴輪も見応えあった。

 

埋文センターの実物大虎塚古墳石室壁画レプリカ

母子の埴輪 埋文センター

馬の埴輪 埋文センター

球形胴壺型埴輪 車塚古墳出土

壺型埴輪 日下ヶ塚古墳出土 これら壺型埴輪の目的は分からないとのこと

大塚貝塚のダイダラ坊 埋文センターも見応えあった 

 

 酒列磯前神社の「酒列」が詠まれた東歌があった。かろうじて万葉歌を読む会の面目が立った。

「左奈都良の 岡に粟蒔き 愛しきが 駒は食ぐとも 我はそとも追じ」巻14-3451

 左奈都良を さかつれ と読むのは少し無理があるとはM講師の話し。

 

| 万葉 | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ky.roof-8.com/trackback/1107235
トラックバック