CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< Helen Lake(Helen Lake Dolomite Pass) | main | やっぱり、日本は旨い(Japanese dishes are nice!) >>
Esplanade Hut to Hut Trekking(1)
 「世界一きれいな尾根歩き」:そんなキャッチフレーズは大げさではなかった。7月10-14日は今回のメインコース、エスプラナーデ小屋歩きを楽しんだ。場所はカナディアンロッキーの西、BC州ゴールデンの北西にある。カナダ横断鉄道と併走してR1を走りゴールデンを過ぎて右に入ったところにヘリポートがある。ヘリの離発着ごとにすごい土埃、簡易舗装でもしたらと思う。かまぼこ屋根の小屋で順番になるまで待機。初めてのヘリ、注意事項に従い乗り込んで10分ほどでビスタ小屋前に到着。小屋はきれいな池に沿って建っており近くにサウナ小屋、少し離れてトイレがある。標高2150m、東にロッキー、三方は残雪の山に囲まれた素晴らしい環境だ。ヘリは定員5人、3往復し全員揃って遅い昼食。予想以上に残雪が多い、午後からは小屋近くの雪渓で雪道歩きの訓練、上り下り、斜め横のトラバース、かみさん含め雪に馴れない何人かにも充分な訓練だった。

赤い屋根のビスタ小屋、手前に池 向こうの尾根はカナディアンロッキー
  
ヘリ到着                      雪上訓練
小屋は1階がLDKとスタッフの寝室、2階6室(2人×4、3人×2)がゲスト用、山小屋としては快適なベッドだ。2人用トイレは少し離れたところにある、ボッタン方式だがまあ綺麗だ。  雪上訓練でかいた汗をサウナで流した。3人定員でこの小屋だけ着替えスペースがあった。大きな薪ストーブが燃えており5分もすると汗が吹き出る。ストーブの上の湯と大きなバケツの水で洗面器3杯目安で汗を流す。外は虫が待っている、蚊・ブヨの攻撃をかわすのは至難の業だ。
  
サウナ小屋と内部(サンライズ小屋)
スタッフはベテランガイドのH女史、長身のレイ君とキッチン担当リンさんの3人。カナダ人のリンおばさんの腕はなかなか、最初の晩は照り焼きチキン・スティームドライス・おから(キビ・アワ?)の炒めもの・サラダなどなど。醤油もある。ヘリで上げたビール、ワイン、ウイスキーもたっぷり、食事の後はゆったり、語り歌も出たりで貸切の山小屋は更けていった。
  
 ビスタ小屋の夕食
| 海外の山 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ky.roof-8.com/trackback/483533
トラックバック