CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< Esplanade Hut to Hut Trekking(3) | main | 屁糞カズラ(Paederia scandens Merrill) >>
Esplanade Hut to Hut Trekking(4)
 サンライズ小屋は連泊。軽装で近くのパノラマテラス往復の後、アバランチピークに登った。
パノラマテラスは小屋から1.5時間ほどの軽いハイク。テラス周辺のグレイシャーリリーの群落が素晴らしかった。この根は熊の好物、要注意ということだ。小屋に戻り北側のピーク、アバランチピーク2430mへ、小屋からの標高差約300m。コルまで行くと昨日登ったカポーラMt.がピークの岩陵を乳首におっぱい山のように見える。ピークまでは岩の多い登り、雪崩のパスを見下ろしながら約40分で頂上。コロンビア大氷原の先に見えるMt.アルバータは槙有恒が1925年初登頂した山、H女史・Kリーダーから再会したアイスアックスの話があった、知らなかった。
  
アバランチのコルからカポーラを望む    アバランチ頂上遥かにコロンビア大氷原
  
バターカップ                    咲き終わったウエスターンアネモネ
早めに小屋に戻り夕食までのんびり、リンさん最後の晩餐はミディアム・テンダーロイン・ポークにポテト、オニオンソティー・ソース、赤・緑パプリカ・カリフラワーなどの焼き野菜、デザートは果物に手作りビスコッティ。少なくなったアルコールにH女史から赤ワインの差し入れは貴重だった。

 最後の朝はサンライズ見物、朝寝組それぞれ。
ヘリでの下山は全ての荷下ろしがすむまで3時間近く要した、改善の余地がありそうだ。バンフの宿Aspen Lodgeでゆっくりバスタブにつかった後買い物など。打ち上げはSilver Dragonの中華、ほっとする味旨かった。

ヘリから横断鉄道を見下ろす

 ベテランガイド、信頼感あるリーダー、和気藹々よそ者を受け入れてくれた皆さん、素晴らしい天気と山々と花々。思った以上に歩いたかみさん共々大満足の山行だった。皆様に感謝。
| 海外の山 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ky.roof-8.com/trackback/485032
トラックバック