CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 薪入れと谷川岳−2 | main | 日光 >>
定期健診(periodic health checkup)
 11月1日糖尿病薬アマリール半錠を止めて2ヶ月目の検診に出かけた。結果はHbA1c:6.9、随時血糖値(食後2時間半)243とあまり芳しい結果ではなかった。総コレステロールは235、HDL102、中性脂肪は増えて150と上限値。
Dr.のコメントは「薬再開したいところですがもう少し様子を見ましょう。高脂血漿薬のリピトールは何だったんでしょうね」。これはこちらが聞きたいこと。メバロチン、リピトールを飲み続けた10年は肝臓に負担をかけただけだったのか。
慶応医学部近藤講師はこう言っている。
 日本ではネズミを使った実験でコレステロールが下がると寿命が延びることから、『人間にも有効なはず』と、実験室レベルのことをそのまま臨床に応用した。またイギリスでメバロチンの臨床試験をやったら、死亡率がわずかに下がったというデータがでて、日本人とは比べものにならないほど高コレステロールの人たちを対象としたデータを、心臓病のリスクの低い日本人にそのまま採用して投薬した、日本の医学会でも、高コレステロール症への投薬基準を、総コレステロール値220mg/dl以上とする学会もあれば、280mg/dl 以上とする学会もあるなどの混乱が生じている。

 リピトールはメバロチンの後に出たトップシェアの改良薬。恵比寿の厚生中央病院のDr.は良く効きますといって処方してくれた。でも効くということは弊害も多い。

 高血圧薬も問題が多いと思う。かみさんはDr.に言って自主的に薬を止めた。多分この判断は正しかったと思う。必要以上に製薬会社・病院に協力し過ぎているケースが多いのではないだろうか。

昨日は久し振りに「暁山」、蕎麦と天ぷらを楽しんだ。ご亭主は忙しく蕎麦談義は儘ならなかったが地元の新蕎麦が間もないようだ。庭のダリアが綺麗だった。
  
| 健康 | 21:15 | comments(3) | trackbacks(1) | pookmark |
コメント
 先日はご来店有難うございました。
珍しく混んでおりまして、お話も出来ませんでした。

 我々の年齢になると、何処彼処に問題が出てまいりますね。
 私の気になっているのは、胆石(2)と脂肪肝です。
毎年、検査をしておりますがこのところ、医者からは変わった所見がありません。
 お互い、飲み過ぎないように注意いたしましょう。
| 暁山 | 2007/11/08 6:21 PM |
ご無沙汰しております。

年齢と共に血圧を上げないと毛細血管のすみずみまで血液を送れないから上がるのだという考え方があります。降圧剤使用世界一の日本が認知症発症率世界一というのはこのためではないかと某師匠がもうしておりました。

数値も大事ですが囚われ過ぎず、「この数値でこの体調」と自身の体調を日々見つめることが第一ではないかと思います。
| 長津田 | 2007/11/08 8:42 PM |
 先日はご馳走さまでした。繁盛で何よりですがマイペースも必要なんでしょうね。地元の新蕎麦楽しみにしてます。

 長津田さん、そういう考え方もあるんですね。20代から70・80代まで同じ基準ということ自体変ですね。Dr.の指示に抗うことは大変ですが患者サイドからもう少し主張があっても良いのではないかと思います。
| kyama | 2007/11/08 11:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ky.roof-8.com/trackback/578955
トラックバック
高コレステロール症
原因不明に高いコレステロール値私は20代後半ですがここ数年コレステロール値が常に...
| コレステロール・家族性高コレステロール血症など | 2007/11/11 3:25 AM |